アドルフ・ヒトラー

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動: 案内検索

アドルフ・ヒトラー (1889年 - 1945年)[編集]

Adolf Hitler. オーストリア出身のドイツの政治家。国家社会主義ドイツ労働者党党首。

出典が確認されたもの[編集]

  • この地球は『人種戦争の勝利者に贈られる持ち回りの優勝カップ』に他ならない。
    • 首相就任後の1933年1月30日、首相官邸で語った言葉。"Reden des Fuehrers am Parteitag der Ehre 1936"、13p、南利明
  • 私は戦争を望む。私にとって手段は全て正解となる。私のモットーは「何も行わずに、敵を悩ませる」ではない。私のモットーは「完全に全ての手段で相手を倒す」だ。私は戦争を行う者だ。
    • Hitler and Nazism中での引用
  • 党はヒトラーであり、ヒトラーはしかしドイツである。ドイツがヒトラーであるように!
  • 民族が高潔かどうかの決定を人間が下すことは難しい。それは神に任せられるべきだ。
    • ヴィルヘルムスハーフェンでの演説 (April 1, 1939)
  • 人をよりよくするのではなくそれらの弱点を利用するために、私はこの世界に入った。
    • H.R. Trevor-RoperによるエッセイThe Mind of Hitler中での引用
  • 音楽が終わったら、明かりを消してくれ。
    • ヒトラー自殺直前の最後の発言。 (1945年)


帰着されるもの[編集]

  • パリは燃えているか?
    "Brennt Paris? (Is Paris burning?)"
    • 奪還までパリの司令官を務めることとなるディートリヒ・フォン・コルティッツに尋ねた言葉。ヒトラーはパリを放棄する際には街を破壊する命令を出したが、コルティッツは命令を拒否した。
  • 平和主義など、臆病の現れに過ぎない。

プロパガンダと革命について[編集]

  • 大衆は小さな嘘より大きな嘘の犠牲になりやすい。とりわけそれが何度も繰り返されたならば。
  • 青少年に判断力や批判力を与える必要は無い。娯楽と競争意識だけを与えればよいのだ。青少年から思考力を奪い、指導者の命令に対する服従心だけを植え付けるべきだ。国家や社会や指導者を批判する者に対して動物的な憎悪を抱かせるようにせよ。少数派や異端者は悪だ、と思い込ませよ


Wikipedia
ウィキペディアアドルフ・ヒトラーに関する記事があります。