アリストテレス

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動: 案内検索

アリストテレス[編集]

アリストテレス(Aristotles、紀元前384年 - 紀元前322年)、マケドニア出身の古代ギリシャの哲学者。プラトン学派を拡張発展させペリパトス学派を形成した。

以下、特に断りのない限り、英語からの重訳である。

修辞学関係[編集]

修辞学とは、自分の意見を公の場で人々に印象深く心に残すためにはどのように発表すれば良いかを研究する学問をいう。

  • 存在しそうな不可能はいつも、信じられがたいが、本当は存在する可能性よりも好まれる
  • 全体は、始めと中間と終わりからなる。『詩学』
  • は人々を一致させる。

政治学関係[編集]

  • 一般にさらに良いことものを望む人たちは、祖先が得た以上のものを望む。
  • 欲望は満たされないことが自然であり、多くの者はそれを満たすためのみで生きる。
  • は社会の秩序であり、良い法は良い秩序である。
  • 人は本性において政治を行う動物である。
  • 自然には何の無駄もない。
  • 民主制国家の基礎は自由である。
  • 最もよく統治される者が統治するべきだ。

形而上学関係[編集]

  • 全ての者は生まれながらに知恵を求める。

倫理学関係[編集]

「ニコマコス倫理学」
  • 良い人であることがいつも良い市民であることと同じとは限らない。
『ニコマコス倫理学』
  • 私たちは平和の中に暮らすために戦争をする。
『ニコマコス倫理学』
  • 不幸は本当の友人でない者を明らかにする。
『エウデモス倫理学』
  • というものは、愛されることによりも、むしろ愛することに存すると考えられる。
『ニコマコス倫理学』
  • 人は物事を繰り返す存在である。従って、優秀さとは行動によって得られる物ではない。習慣になっていなければならないのだ。
『ニコマコス倫理学』

その他[編集]

  • 教育は高齢への最適の備えだ。
ディオゲネス・ラエルティオス『古代ギリシア哲学者列伝』
  • 希望とは、目覚めていて抱くをいう。
ディオゲネス・ラエルティオス『古代ギリシア哲学者列伝』
  • 自然は真空を厭う。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディアアリストテレスに関する記事があります。