アルトゥール・ショーペンハウアー

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動: 案内検索

アルトゥール・ショーペンハウアー(1788年 - 1860年) ― ドイツの哲学者。

Arthur Schopenhauer daguerreotype.jpg

出典の明らかなもの[編集]

  • なんであれ、人は忘れることができる。ただ自分自身、己自身の存在を忘れることはできない。
    "Alles, alles kann einer vergessen, nur nicht sich selbst, sein eigenes Wesen." - Aphorismen zur Lebensweisheit
  • もし若かりし時に友人であった二人の人間が、人生の晩年に再会したならば、お互いの顔を認めたときにまず思うのは人生に対する全くの失望であろう。なぜならば人生が美しく見えたときの頃の記憶が蘇り、その頃はなんと人生がばら色の夜明けにおいて多くのものを約束してくれたか、そして結局は少しのものしか満たしてくれなかったことを感じずにはいられないからである。

出典の不明確なもの[編集]

  • われわれのすべての災禍は、我々がひとりきりではいられないことに由来する。
    "All unser Übel kommt daher, daß wir nicht allemn sein können."
  • 音楽とは、世界がその歌詞であるような旋律である。
    "Musik ist die Melodie, zu der die Welt der Text ist."
  • 実務的な生にとって、天才は、劇場での遠眼鏡よろしく、必要なものである。
    "Für das praktische Leben ist ein Genie genauso brauchbar wie ein Teleskop im Theater.
  • 未だかつて、自分が幸福だと感じた人間は一人もいなかった。もしそんなのがいたとしたら、きっと酔っぱらってでもいたのだろう。
  • 人生は粗いモザイクの絵に似ている。美しく見るためには遠く離れていなければならぬ。間近にいては、それは何の印象も与えない。
  • 運命がカードを混ぜ、我々が勝負する。

外部リンク[編集]