ナサニエル・ホーソーン

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動: 案内検索

ナサニエル・ホーソーン (Nathaniel Hawthorne, 1804 - 1864)は、米国の小説家。

出典の明らかなもの[編集]

The American Notebooks (1835-1853)[編集]

  • すべての個人には、この世における天職が与えられている。その仕事を見つけられるどうかが、生涯において最も重要なことだ。 - 1836年
    Every individual has a place to fill in the world and is important in some respect whether he chooses to be so or not.
  • 樹木にとっての葉のように、いろいろな愛撫行為は人の愛ある営みに不可欠なものです。もし完全に抑止されたならば、愛はその根本から死んでしまうでしょう。- 1853年
    Caresses, expressions of one sort or another, are necessary to the life of the affections as leaves are to the life of a tree. If they are wholly restrained, love will die at the roots.

『緋文字』[編集]

The Scarlet Letter (1850)

  • もし人が、まったく一人で座っていて、違うものを夢見ることが出来ないなら、そしてそれを真実のように見せることが出来ないとしたら、恋愛小説を書こうとする必要など決してないだろう。
    If a man, sitting all alone, cannot dream strange things, and make them look like truth, he need never try to write romances.
    • 序章「税関」
  • 誰をも友として信頼しないなら、敵が実際に現れたときにそれと見分けることは出来ないだろう。
    Trusting no man as his friend, he could not recognize his enemy when the latter actually appeared.
    • 第十章「蛭と彼の忍耐」

帰されるもの[編集]

  • 幸福とは蝶のようなものだ。追い求めている時には、掴もうとしても逃してしまう。しかし静かに座っている時には、自ずから近寄ってくる。
    Happiness is a butterfly, which when pursued, is always just beyond your grasp, but which, if you will sit down quietly, may alight upon you.