フランクリン・デラノ・ルーズベルト

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動: 案内検索

フランクリン・デラノ・ルーズベルト (1882-1945)[編集]

Franklin Delano Roosevelt, アメリカの政治家、第32代大統領。

  • 誠実であれ。簡潔にせよ。着席していろ。
  • Be sincere; be brief; be seated.
  • 恐れなければいけない唯一のものは、恐れそれ自体である。
  • the only thing we have to fear is fear itself
第1回大統領就任演説 (1933年3月4日)
  • 国土を破壊する国家は、自らを破壊する。
  • The Nation that destroys its soil destroys itself.
Letter to all State Governors on a Uniform Soil Conservation Law (1937年2月26日)
  • 将来のいつの日か、それを我々は確かなものとすることを求めているのだが、我々は四つの人間の自由に基づく世界を建設することを望んでいる。
    第一の自由は、表現の自由である―世界中、至るところで。
    第二の自由は、各人がおのれの仕方で神を崇拝する自由である。―世界中、至るところで。
    第三の自由は、欠乏からの自由である。すなわち、もっと一般的な言葉でいいかえれば、経済でいうところの資産、すべての国が健康で平和な生活をその住民に保障するような資産である。―世界中、至るところで。
    第四の自由は恐怖からの自由、すなわち、もっと一般的な言葉でいいかえれば、ある程度まで、そしてある徹底的な仕方で、全世界的な軍縮を行うことである。これによりいかなる国もその隣国に関して物理的な攻撃を加える立場にはとどまらないであろう。―世界中、至るところで。
    これは遠い千年紀の夢ではない。これは我々自身の時代と世代において、達成されうるような世界の、確固たる基礎なのである。--演説「四つの自由」(1941年1月6日)
  • "In the future days which we seek to make secure, we look forward to a world founded upon four essential human freedoms.
The first is freedom of speech and expression —everywhere in the world.
The second is freedom of every person to worship God in his own way —everywhere in the world.
The third is freedom from want, which, translated into world terms, means economic understandings which will secure to every nation a healthy peacetime life for its inhabitants —everywhere in the world.
The fourth is freedom from fear, which, translated into world terms, means a world-wide reduction of armaments to such a point and in such a thorough fashion that no nation will be in a position to commit an act of physical aggression against any neighbor —anywhere in the wold.
That is no vision of a distant millennium. It is a definite basis for a kind of world attainable in our own time and generation."
The Four Freedoms Speech (January 6, 1941)