ブレーズ・パスカル

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動: 案内検索
ブレーズ・パスカルの肖像

ブレーズ・パスカル[編集]

フランスの数学者・物理学者・哲学者(1623年6月19日 - 1662年8月19日)。

『瞑想録』[編集]

Pensées

  • 好奇心虚栄以外のなにものでもない。ほとんどの場合、話すためにだけ、人は知ることを欲する。
    Curiosité n'est que vanité. Le plus souvent, on ne veut savoir que pour en parler.
  • 無限の球である。その中心は到るところにあり、その円周はどこにもない。
    Dieu est une sphère infinie, dont le centre est partout et la circonférence nulle part.
  • はその危険なしにそれを考えるよりも、それを考えずに受けたほうが、より容易である。
    Entre nous, et l'enfer ou le ciel, il n'y a que vie entre deux, que est la chose du monde le plus fragile.
  • すべてのものが確かであるということは確実ではない。
    Il n'est pas certain que tout soit certain.
  • 真の道徳は道徳から楽しみをもたらす。
    La vraie morale se moque de la morale.
  • 人間は、自然のうちでもっとも脆いでしかない。しかし人間は考える葦である。
    L'homme n'est qu'un roseau, le plus faible de la nature; mais c'est un roseau pensant.
  • 感情には、理性にはまったく知られぬ感情の理屈がある。
    Le coeur a ses raisons que la raison ne connaît point.
  • クレオパトラ。もしそれがもう少し低かったら、世界の顔は変わったであろう。
    Le nez de Cléopâtre : s'il eût été plus court, toute la face de la terre aurait été changé.
  • 沈黙していることは最大の責め苦である。聖人でさえ己に沈黙を課し得ない。
    Le silence est la plus grande persécution; jamais les saints ne se sont tus.
  • すべての人間は、本性によって、互いを憎み合う
    Tous les hommes se haïssent naturellement l'un l'autre.
  • 哲学嘲笑するものこそ、真に哲学者である。
    Se moquer de la philosophie, c'est vraiment philosopher.

帰せられるもの[編集]

  • 正義が守られえないところでは、が正義とされる。
    Ne pouvant fortifier la justice, on a justifié la force.
  • 己が真理を保持していると信じるのは人間の生まれつきのである。
    C'est une maladie naturelle à l'homme de croire qu'il possède la vérité.

外部リンク[編集]

Wikipedia
ウィキペディアブレーズ・パスカルに関する記事があります。
Commons
ウィキメディア・コモンズブレーズ・パスカルに関するメディアがあります。