ベニート・ムッソリーニ

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動: 案内検索

ベニート・ムッソリーニ (1883年 - 1945年)[編集]

ベニート・アミルカレ・アンドレア・ムッソリーニ(Benito Amilcare Andrea Mussolini)。イタリアの政治家。

帰着されるもの[編集]

  • のみが歴史を前進させる。
  • ファシズム宗教である。20世紀はファシズムの世紀として知られることとなるだろう。
  • 私としては、5万票よりも5万艇のライフルを好む。
  • 幸運にも、イタリアの民族は一日に数回食事を取ることにまだ慣れていない。
  • 哲学上・教義上の見解から、私は永続する平和を信じない。
  • 他人を信じることは良いことだが、信じないのはもっと良いことである。
  • 宗教は一種の精神病だ。
  • イタリア人を規定に従わせることは困難ではない、無意味だ。
  • 社会主義とは、ペテンであり、喜劇であり、幻想であり、ゆすりである。
  • 最良の血は、いつか馬鹿か蚊に宿ることとなる。
  • 市民の役割と兵力は不可分なものだ。
  • 人々は自由に飽き飽きしているというのが真実である。
  • 私の墓に望む墓碑銘は『ここで、地球上にかつて現れた中でもっとも知的な動物の一つが嘘をつく。』
  • 人にとっての戦争は、女性にとっての母性のようなものだ。
  • 我々は、腐敗した死体である自由を埋葬した。
  • 自由は義務であり、権利ではない。

(英語版より重訳)