ポール・ヴェルレーヌ

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動: 案内検索

ポール・ヴェルレーヌ(1844年-1896年)[編集]

フランスの詩人。本名ポール・マリー・ヴェルレーヌ。

出典の明らかな引用[編集]

  • の日の
    ヰ゛オロンの
    ためいきの
    身にしみて
    ひたぶるに
    うら悲し。

    鐘のおとに
    胸ふたぎ
    色かへて
    涙ぐむ
    過ぎし日の
    おもひでや。

    げにわれは
    うらぶれて
    ここかしこ
    さだめなく
    とび散らふ
    落葉かな。 -- 上田敏訳「落葉」『海潮音』
     Chanson d'automne dans Poèmes saturniens
    「秋の歌」『サテュルニアン詩集』
原題は「秋の歌」の意。堀口大學を初めとする訳では「秋の歌」と訳している。
  • 音楽をまず第一に  -- 「詩法」『今と昔』
    De la musique avant toute chose.
日本では「何よりもまず音楽を」との訳でも親しまれる。
  • その女は地獄のほかに知らなかった。それが欠如だ。 -- 「悪魔の恋人」『今と昔』
    Elle ne savait pas que l'Enfer, c'est l'absence.
    • Jadis et Naguère, Naguère, Amoureuse du Diable.

帰せられるもの[編集]

  • 様、神様、生があそこにある。単純でそして静かな生が。
    Mon Dieu, mon Dieu, la vie est là,
    Simple et tranquille.
  • 芸術は、子らよ、それ自体で絶対的な存在なのだ。
    L'art, mes enfants, c'est d'être absolument soi-même.
Wikisource
ウィキソースヴェルレーヌに関する記事があります。