レフ・トロツキー

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動: 案内検索

レフ・トロツキー (1879 - 1940)[編集]

ソ連の政治家、革命家。レーニンやスターリンと共にロシア革命を行うが、レーニンの死後の後継者争いに敗北。1940年に亡命先のメキシコで暗殺された。

トロツキーの言葉であるとされるもの[編集]

以下の引用は英語から翻訳した。原文が何語であるかは不詳。

  • 社会主義は民主主義を必要とする。人間の身体が酸素を必要とするように。
    Socialism needs democracy like the human body needs oxygen.
  • 学習はそれ自体のうちにある種の危険を含んでいる。必要に迫られてこそ人は敵から学ばなければならないからだ。
    Learning carries within itself certain dangers because out of necessity one has to learn from one's enemies.
  • 人に自分自身を理解させよう、つまり鎖につながれた二つの車輪*の上で他人から区別することを知るようにさせよう。少なくともロシアのような貧しい国では。するとその虚栄心はタイヤのように膨らみ始める。アメリカでは自動車がこの役割を果たしている。
    Let a man find himself, in distinction from others, on top of two wheels with a chain—at least in a poor country like Russia—and his vanity begins to swell out like his tires. In America it takes an automobile to produce this effect.
*自転車の事か。
  • 人間の性格の深さと力はその道徳的なたくわえによって定められる。人間はその生活の慣習の条件から放り出されたときにのみ、そのときにのみ道徳的なたくわえに頼らねばならぬため、自分を完全にさらけだす。
    The depth and strength of a human character are defined by its moral reserves. People reveal themselves completely only when they are thrown out of the customary conditions of their life, for only then do they have to fall back on their reserves.
  • 目的は手段を正当化する。なにかが目的を正当化する限りは。
    The end may justify the means as long as there is something that justifies the end.
  • 人間の歴史的上昇は、全体としては、自然における、社会における、つまり人間それ自体における盲目の力に対する意識の勝利の連続として要約され得る。
    The historic ascent of humanity, taken as a whole, may be summarized as a succession of victories of consciousness over blind forces—in nature, in society, in man himself.
  • 民主的な方法を適応するには限界がある。すべての乗客にどんな列車に乗りたいか尋ねる事はできる。しかし列車が満員になり事故が懸念されるときにブレーキを使うかどうか尋ねることは出来ない。
    There is a limit to the application of democratic methods. You can inquire of all the passengers as to what type of car they like to ride in, but it is impossible to question them as to whether to apply the brakes when the train is at full speed and accident threatens.