乃木希典

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動: 案内検索

乃木希典(のぎ まれすけ、1849年 - 1912年)は明治時代の日本の陸軍軍人。長州(現在の山口県)出身。漢詩を得意とした。明治天皇大葬にあわせて自刃。

出典の確かなもの[編集]

金州城外の作[編集]

  • 山川草木轉荒涼
    十里風腥新戦場
    征馬不前人不語
    金州城外立斜陽
    長男戦死の際の歌

爾霊山[編集]

  • 爾霊山険豈難攀
    男子功名期克艱
    鉄血覆山山形改
    万人斉仰爾霊山
    爾霊山は日露戦争の激戦地203高地の事。次男戦死の際の歌。


辞世[編集]

うつし世を神さりましし大君のみあとしたひて我はゆくなり
単純に訳すと「現世をお去りになった天皇のお後を慕い、私も逝きます」という意味。慕っていた明治天皇の崩御に伴い、大葬が終わった日の夜に後を追う形で夫人の静子と共に自刃して亡くなった。
元々日露戦争で息子を含めた多くの兵の命を徒らに失わせたことに対する自責の念があり、この頃から死んで詫びたいと言う意思があったと思われる。しかし明治天皇は乃木に対して「どうしても死ぬなら朕が死んだあとにせよ」と述べており、これが殉死を選んだ理由の一つであるとも考えられている。
Wikipedia
ウィキペディア乃木希典に関する記事があります。