和歌

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動: 案内検索

和歌についての引用。

  • やまとうたは人の心をたねとして よろづの言の葉とぞなれりける --紀貫之『古今和歌集』仮名序
  • ちからをもいれずしてあめつちをうごかし 眼に見えぬ鬼神をもあはれとおもはせ 男女のなかをもやはらげ たけきものゝふの心をもなぐさむるは歌なり--紀貫之『古今和歌集』仮名序
  • 人の世となりて素戔嗚尊よりぞ 三十文字余り一文字はよみける--紀貫之『古今和歌集』仮名序
    • 素戔嗚尊の歌とは「やくもたつ いづもやへがき つまごみに やへがきつくる そのやへがきを」(『古事記』・『日本書紀』所収)をいう。
  • 歌はたゞよみあげもし詠じもしたるに 何となく艶にもあはれにも聞ゆる事のあるなるべし--藤原俊成『古來風躰抄』
  • 歌の本體にはたゞ古今集をあふぎ信ずべき事なり--藤原俊成『古來風躰抄』
  • 貫之は下手な歌よみにて古今集はくだらぬ集に有之候。--正岡子規『再び歌よみに与ふる書』