孟子

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動: 案内検索

孟子[編集]

孟子

『孟子』[編集]

  • 自ら反(かえり)みて縮(なお)くんば、千万人と雖も、吾往かん。
    自反而縮 雖千萬人 吾往矣 -- 公孫丑章句 上
    【読み】
    みずからをかえりみてなおくんば、せんまんにんといえども、われゆかん。
    【意味】
    自分の心を振り返ってみたときに自分が正しければ、たとえ相手が千万人であっても私は敢然と進んでこれに当ろう。


  • 人皆な人に忍びざるの心あり。 今、人の乍ち孺子の将に井に入らんとするを見れば、皆な怵惕惻隠の心あり。 惻隠の心なきは、人にあらざるなり。 惻隠の心は、仁の端なり。
    人皆有不忍人之心。 今人乍見孺子將入於井、皆有怵惕惻隱之心。 無惻隱之心、非人也。 惻隱之心、仁之端也 -- 公孫丑章句 上
    【読み】
    ひとみなひとにしのびざるのこころあり。 いま、ひとのたちまちじゅしのまさにせいにいらんとするをみれば、みなじゅつてきそくいんのこころあり。 そくいんのこころなきは、ひとにあらざるなり。 そくいんのこころは、じんのたんなり。
    【意味】
    人にはみな人に忍びないと思う心がある。 今、人であるものが、今にも井戸に落ちようとしている幼な子を見たとしたら、みな憐憫の情、可哀相と感じる心を持つものだ。 憐れみの心がない者は、人ではない。 憐れみの心は、仁であることの始まりである。


  • 民を貴しと為す。社稷はこれに次ぎ、君を軽しと為す。
    民爲貴 社稷次之 君爲輕 --  14 尽心章句下
    【読み】
    【意味】


  • ゆえに天の将に大任を是の人に降さんとするや、必ずまずその心志を苦しめ、その筋骨を労せしむ。
    故天將降大任於是人也 必先苦其心志 勞其筋骨
    【読み】
    【意味】


  • 君子に三楽あり、而して天下に王たるは与かり存せず。
    君子有三樂 而王天下不與存焉
    【読み】
    【意味】
  • 人の患は、好んで人の師に爲るに在り
    人之患 在好爲人師 - 離婁章句上

孟子より派生したもの[編集]

  • 五十歩百歩
    或百歩而後止 或五十歩而後止 以五十歩笑百歩 則何如 -- 「梁恵王 上」