出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動: 案内検索

川についての引用句と諺。

引用[編集]

  • 細草微風の岸/危檣独夜の垂れて平野闊く/湧きて大江流る --杜甫、「旅夜に懐を書す」
    細艸微風岸/危檣獨夜舟
    星垂平野闊/月湧大江流
  • 孤帆の遠影碧空に盡き/惟(た)だ見る長江の天際に流るるを --李白「黄鶴樓に孟浩然の廣陵に之くを送る」
    孤帆遠影碧空盡/惟見長江天際流
  • ちはやふる神代も聞かず龍田川 唐紅にくくるとは --在原業平『古今和歌集』
  • 川に風のかけたるしがらみは 流れもあへぬ紅葉なりけり --春道列樹
    『古今和歌集』。藤原定家の『小倉百人一首』にも収録。
  • 行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし --鴨長明『方丈記』
  • これは川ではない。である。
    常願寺川を見てヨハニス・デ・レーケが言ったとされる言葉。実際にはこのようなことは言っておらず、県の役人が政府への報告書にデ・レーケの言として書いたものである。

[編集]

  • Cross the stream where it is the shallowest." --英語の諺
    直訳:最も浅いところで川を渡れ。