道元

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動: 案内検索

道元 (1200 - 1253)[編集]

日本の僧侶。曹洞宗の開祖。

出典の明らかなもの[編集]

正法眼藏[編集]

  • 佛道をならふといふは 自己をならふ也 自己をならふといふは 自己をわするるなり 自己をわするるといふは 萬法に證せらるるなり 萬法に證せらるるといふは 自己の身心および他己の身心をして脱落せしむるなり - 一 現成公案
  • 佛祖は大悟の邊際を跳出し 大悟は佛祖より向上に跳出する面目なり - 十 大悟
  • 佛祖の大道 かならず無上の行持あり 道環して斷絶せず - 十六 行持
  • 行持のいまは自己に去來出入するにあらず いまといふ道は 行持よりさきにあるにはあらず 行持現成するをいまといふ - 十六 行持
  • ひとり明窓に坐する たとひ一知半解なくとも 無爲の絶學なり これ行持なるべし  - 十六 行持
  • いはゆる有時は 時すでにこれ有なり 有はみな時なり 丈六金身これ時なり 時なるがゆゑに時の莊嚴光明あり いまの十二時に 學すべし 三頭八臂これ時なり 時なるがゆゑにいまの十二時に一如なるべし - 二十 有時