出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動: 案内検索

に関する引用句・諺。

引用[編集]

  • あな醜賢しらをすと酒飲まぬ人をよく見ば猿にかも似む -- 大伴旅人
    • 『万葉集』巻三・344。「讃酒歌十三首(酒を讃むる歌十三首)」の第七首。
  • 世の人はさかしらをすと酒飲みぬあれは柹くひてにかも似る -- 正岡子規「明治三十年十月二十九日天田鉄眼宛書簡」から
    • 鉄眼和尚に柿十五個を貰った返礼の短歌五首の一。
  • 葡萄の美酒夜光の杯
    飲まんと欲すれば琵琶を馬上に催す
    酔ひて沙場に臥す君笑ふなかれ
    古来征戦し幾人か回(かえ)る --王翰『涼州詞』
    葡萄美酒夜光杯
    欲飮琵琶馬上催
    醉臥沙場君莫笑
    古來征戰幾人囘 
  • 琴詩酒の友は皆我を抛つ 雪月花の時最も君を憶ふ -- 白居易「寄殷律協」
    琴詩酒友皆抛我
    雪月花時最憶君
  • 林間に酒を煖めて紅葉を焼く 石上に詩を題して緑苔を掃ふ--白居易
    林間煖酒焼紅葉
    石上題詩掃緑苔
  • 酒は百薬の長 -- 『漢書』
    酒,百藥之長
  • とするに悪きもの七つあり。一には高くやんごとなき人、二には若き人、三には病なく身つよき人、四には酒をこのむ人、五には武く勇める人、六にはそらごとする人、七には慾ふかき人。善き友三つあり。一にはものくるる友、二には医師、三には智惠ある友。-- 吉田兼好『徒然草』百十七段
  • 杜子美、山谷、李太白にも、酒を飲むなと詩の候か -- 隆達節歌謡・290
    • 杜子美=杜甫、山谷=黄庭堅、李太白=李白
  • 老をだに養はゞ。まして盛の人の身に。薬とならばいつまでも。御寿命も尽きまじき。泉ぞめでたかりける。実にや玉水の。水上すめる御代ぞとて流の末の我らまで。豊にすめる。嬉しさよ。-- 世阿弥『養老』地歌
  • 実にも薬と思ふより。老の姿も若水と見るこそ嬉しかりけり。-- 世阿弥『養老』地歌
  • 京醸味甜にして飲に中らず、君が家何処にか芳醇を得たる、
    請ふ看よ痛快関東の士、皇都軟媚の人と孰れぞ。
    京釀味甜不中飮 君家何處得芳醇
    請看痛快關東士 孰與皇都軟媚人 -- 大田錦城「伊丹酒」『白頭集』より
  • 食欲は食べていると起こり、乾きは酒を飲んでいると起こる。-- フランソワ・ラブレー
    L'appétit vient en mangeant, la soif s'en va en buvant.
    『ガルガンチュワ物語』
  • は水だけを造った。しかし人はワインを作った。-- ヴィクトル・ユゴー
  • ウィスキーは飲み物で、は戦うものである。-- マーク・トウェイン
  • 宗教はある種の精神的な安酒だ。その中で資本の奴隷は自分の人間的尊厳と欲求を、なんとか人間らしいものになることで忘れる。- ウラジミール・レーニン
  • 酒は呑め呑め 呑むならば 日本一(ひのもといち)のこのを 呑みとるほどに 呑むならば これぞまことの 黒田武士 - 『筑前今様』(『黒田節』)
  • しら玉のにしみとほるの夜の酒はしづかに飲むべかりけり -- 若山牧水『路上』
  • 我が思いにあやまち無くば、
    飲酒に五つの理由あり。
    良酒あらば、飲むべし。
    友来たらば、飲むべし。
    咽喉、渇きたらば、飲むべし。
    もしくは、渇く恐れあらば、飲むべし。
    もしくは、いかなる理由ありても、飲むべし。

[編集]

  • 酒の中に真実あり。-- ラテン語の諺
    • In vino veritas.
    • 意味:酒に酔うと本音が出る。
  • "Cider on beer, never fear; beer upon cider, makes a bad rider."
    直訳:リンゴ酒をビールに、これは恐れを知らなくさせる。ビールをリンゴ酒に、これは馬乗りをしくじらせる。-- 英語の諺
    事情によって話が変わってくるということ。
  • 下戸の建てたる倉も無し -- 日本の諺

関連項目[編集]