出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動: 案内検索
Kalundborg-mediumwave.swn.jpg

に関する引用、諺。

  • 雲無心にして以てを出づ、飛ぶに倦んで還るを知る。--陶淵明『帰去来辞』
    • 雲無心以出岫/鳥倦飛而知還
  • 夜久毛多都伊豆毛夜幣賀岐都麻碁微爾夜幣賀岐都久流曾能夜幣賀岐袁 --『古事記』伝スサノオノミコト
    書き下し:やくもたつ いづもやへがき  つまごみに やへがきつくる そのやへがきを
    八雲立つ 出雲八重垣 妻蘢みに 八重垣作る その八重垣を
古来より、初の和歌として伝承された。
  • あしたづのひとりおくれてなく声は 雲のうへまできこえつがなむ --大江千里『古今集』巻十八、雑体。
    詞書は「寛平御時、歌たてまつりけるついでにたてまつりける」。「雲のうへ」は宮中、天皇の耳に達すること。
    • 『古今和歌六帖』には作者を弟の千古とする。
  • はあけぼの。やうやうしろく成り行く山ぎは、すこしあかりて、むらさきだちたる雲のほそくたなびきたる。 - 清少納言『枕草子』
    三巻本系第二類本弥富本による。
  • 風にたなびく雲のたえ間よりもれいづるの影のさやけさ --左京大夫顕輔
  • の夜はまだ宵ながらあけぬるを雲のいづこに月やどるらむ --清原深養父
  • めぐりあひて見しやそれともわかぬまに雲がくれにし夜半の月かな --紫式部
  • 雲の峰幾つ崩て月の山 --松尾芭蕉『おくのほそ道』
  • ハムレット「あゝ、あの雲をお見やれ、どうやら駱駝のやうではないか?」
    ポローニヤス「はて、いかさま、駱駝のやうに相見えまするわい。」
    ハムレット「どうやら《いたち》のやうに見ゆるわい。」
    ポローニヤス「脊附《せつき》が鼬のやうにも見えまする。」
    ハムレット「いや、のやうではないか?」
    ポローニヤス「いかさま、鯨のやうにも見えまする。」 --ウィリアム・シェイクスピア坪内逍遥訳『ハムレット』第3幕第2場
    • Do you see yonder cloud, that's almost in shape of a camel?
      By the mass, and 'tis like a camel, indeed.
      Methinks it is like a weasel.
      It is backed like a weasel.
      Or, like a whale?
      Very like a whale.

[編集]

関連項目・外部リンク[編集]

Wikipedia
ウィキペディアに関する記事があります。
Commons
ウィキメディア・コモンズに関するメディアがあります。
Wiktionary
ウィクショナリーに関する記事があります。