平家物語

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動先: 案内検索

平家物語は日本の中世文学。作者不詳。

巻一[編集]

  • 祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響き有り。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理を顕す。奢れる人も久しからず、只春の夜の夢の如し。猛き者も終には亡ぬ、偏に風の前の塵に同じ。
    遠く異朝を訪へば、秦の趙高、漢の王莽、梁の周異、唐の禄山、此れ等は皆、旧主先王の政にも随わず、楽を極め、諫をも思い入れず、天下の乱む事を悟らず、民間之愁る所を知ざりしかば、久しからず亡びし者どもなり。
    近く本朝を窺うに、承平の将門、天慶の純友、康和の義親、平冶の信頼、奢れる心も、猛き事も、取々に社(こそ)有りしかども、親(まぢかく)は六波羅之入道、前の太政大臣平朝臣清盛公と申せし人の消息、伝え承る社(こそ)心も言も及ばれね。
    • 「祇園精舎」