有間皇子

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動先: 案内検索

有間皇子(ありまのみこ、640-658)は孝徳天皇皇子。謀反の罪を帰せられ、死罪とされた。

出典の確かなもの[編集]

  • 磐代の浜松が枝を引き結び真幸くあらばまた還り見む
磐白乃濱松之枝乎引結真幸有者亦還見武 -- 『万葉集』巻二 141
  • 家にあれば笥に盛る飯を草枕にしあれば椎の葉に盛る
家有者笥爾盛飯乎草枕旅爾之有者椎之葉爾盛 --『万葉集』巻二 142
謀反の疑いで中大兄皇子の元へ送られる途中の歌