「高市皇子」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
 
*神山の山邊真蘇木綿みじか木綿かくのみ故に長くと思ひき (万葉集)
*山吹の立ちよそひたる山清水汲みに行かめど道の知らなく (万葉集)
 
{{wikipedia|高市皇子}}
匿名利用者

案内メニュー