「松尾芭蕉」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
60.33.33.200 による編集を 163.135.10.34 による版へと差し戻しました。
(60.33.33.200 による編集を 163.135.10.34 による版へと差し戻しました。)
==[[w:松尾芭蕉|松尾芭蕉]]==
君は誰???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????¿???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????______________________________________________________________________________________________________***************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************⋆****************************************************______________________________________________________________________________________________________@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@[[Media:Example.mp3]][[Media:Example.mp3]][[画像:Example.jpg]]
まつお ばしょう。自筆署名では「はせを」と表記する。江戸時代の俳人。俳聖と称される。
== 見出し ==
 
 
===出典の明確なもの===
==== [[w:奥の細道|奥の細道]] ====
*あかあかと日はつれなくも秋の風
 
*荒海や[[佐渡]]によこたふ[[天の川|天河]]
 
*あらたふと[[青葉]]若葉の[[日光|日の光]]
 
*石山の石より白し秋の風
 
*一家に遊女も寢たり萩と[[月]]
 
*[[雲]]の峰幾つ崩て[[月]]の山
 
*[[五月雨]]をあつめて早し[[最上川]](もがみがは)
 
*象潟や雨に西施がねぶの花
 
*草の戸も住み替わる代ぞ雛の家
 
*五月雨を集めて早し最上川
 
*五月雨の降り残してや光堂
 
*山中や[[菊]]はたおらぬ湯の匂
 
*閑さや[[岩]]にしみ入[[蝉]]の聲
 
*曾良は腹を病て、[[伊勢]]の國長嶋と云所にゆかりあれば、先立て行に、
::行き行きてたふれ伏とも[[萩]]の原  [[曾良]]
:と書置たり。行ものゝ悲しみ、残るものゝうらみ、隻鳧のわかれて[[雲]]にまよふがごとし。予も又、
::今日よりや書付消さん笠の[[露]]
 
*月日は百代の過客にして行きかふひともまた旅人也。舟の上に生涯をうかべ、馬の口とらえて老をむかふる物は、日々旅にして旅を栖とす。古人も多く旅に死せるあり。予もいづれの年よりか、片雲の風にさそはれて、漂泊の思ひやまず、海浜にさすらへ、去年の秋江上の破屋に蜘の古巣をはらひて、やゝ年も暮、春立る霞の空に白川の関こえんと、そゞろ神の物につきて心をくるはせ、道祖神のまねきにあひて、取もの手につかず。もゝ引の破をつゞり、笠の緒付かえて、三里に灸すゆるより、松島の月先心にかゝりて、住る方は人に譲り、杉風が別墅に移るに、
::草の戸も住み替はる代(よ)ぞひなの家
:面八句を庵の柱に懸置。
 
*[[啄木]]も庵はやぶらず夏木立
 
*[[田]]一枚植て立去る[[柳]]かな
 
*塚も動けわが泣く声は秋の声
 
*長月六日になれば、[[伊勢]]の遷宮おがまんと、又舟にのりて、
::[[蛤]]のふたみにわかれ行秋ぞ
 
*夏草や兵(つはもの)どもが[[夢]]のあと
 
*蚤しらみ馬の尿する枕元
 
*[[松島]]は笑ふが如く、[[象潟]]はうらむがごとし。寂しさに悲しみをくはえて、地勢魂をなやますに似たり。
::象潟や雨に西施がねぶの花
 
*むざんやな甲の下の[[きりぎりす]]
 
*行く春や鳥啼き(なき)魚の目は泪
 
*わせの香や分入右は有磯海
 
==== 『笈日記』 ====
*秋深き隣は何をする人ぞ
*[[菊]]の香や[[奈良]]には古き[[仏]]たち
*[[旅]]に病んで[[夢]]は枯野をかけ廻る
::[[辞世の句]]。
 
==== 『野ざらし紀行』 ====
 
*草の枕に寝あきて、まだほの暗きうちに浜のかたに出て、
:[[曙|明ぼの]]や[[白魚]]白きこと一寸
 
*海暮れて[[鴨]]の声ほのかに白し
 
*狂句木枯の身は竹斎に似たる哉
 
*野ざらしを心に風のしむ身かな
 
*道のべの[[木槿]]は[[馬]]に食はれけり
 
*奈良に出(いづ)る道のほど
:春なれや名もなき山の薄霞
 
*水取りや氷の僧の沓の音
 
*大津に至る道、山路を越えて
:山路来て何やらゆかし[[すみれ]]草
:*初案は「何とはなしに何やら床し菫草」。三月二十七日、熱田白鳥山法持寺参詣の折、芭蕉、叩端、桐葉を連衆とする三吟歌仙の発句。これを改案して、逢坂山超えの句とした。
 
*辛崎の松は花より朧にて
 
*手に取らば消えん涙ぞ熱き秋の霜
 
==== 『笈の小文』 ====
*いらご崎似るものもなし[[鷹]]の声。
*ほろほろと[[山吹]]散るか[[滝]]の音
*黄奇蘇新のたぐいにあらずば云事なかれ。
 
==== 『猿蓑』 ====
*憂き我をさびしがらせよ[[郭公|閑古鳥]]
*梅[[若菜]]丸子の宿のとろろ汁
*蛸壺やはかなき夢を夏の月
*初しぐれ猿も小蓑を欲しげなり
*行く春を[[近江]]の人と惜しみける
*病雁の夜寒に落ちて旅寝かな
 
==== 『続虚栗』 ====
*花の雲鐘は[[上野]]か[[浅草]]か
*旅人と我が名呼ばれん初時雨
*よく見れば薺花咲く垣根かな
 
==== 『曠野』 ====
*[[父]][[母]]のしきりに恋し[[雉子]]の声
*おもしろうてやがて悲しき[[鵜]]舟かな
 
 
==== その他 ====
 
*[[梅]]が香にのつと[[日]]の出る山路かな
*:『炭俵』より
 
*古人の跡を求めず、古人の求めたるところを求めよ。
*:『許六離別詞』より
 
*[[西行]]の和哥における 宗祇の連哥における 雪舟の繪における [[千利休|利休]]が[[茶]]における 其貫道する物は一なり
 
*塩[[鯛]]の歯ぐきも寒し魚の店
*:『薦獅子』より
 
*静にみれば物皆自得す
*:『蓑蟲説跋』より
*::中国の言葉「萬物靜觀皆自得」からの引用
 
*鷹一つ見付けてうれし伊良湖崎。
 
*奈良七重七道伽藍八重桜
*:『泊船集』より
 
*[[芭蕉]][[野分]]して盥に[[雨]]を聞く[[夜]]かな
*:『武蔵曲』より
 
*古池や[[蛙]]飛込む水の[[音]]
*:『春の日』より
 
*名月や池をめぐりて夜もすがら
*:『孤松』より
 
*物いへば唇さむし秋の風
*:『芭蕉庵小文庫』より
 
*數ならぬ身となおもひそ玉祭り
*:『有磯海』より
 
*予が風雅は夏炉冬扇のごとし。
*:『柴門辞』より
 
*[[みのむし]]の音をききにこよ草の庵
 
=== 芭蕉に過って帰せられるもの===
*松島や ああ松島や 松島や
*:しばしば芭蕉のものとされるが、芭蕉は「いづれの人か筆をふるひ詞(ことば)を尽くさむ」と松島では句を残さず、これは江戸時代後期の狂歌師、田原坊の作とされる。
 
==外部サイト==

案内メニュー