「月」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
(→‎出典の明確なもの: 『蕪村俳句集』(岩波文庫)48頁)
*この世をば我が世とぞ思ふ望月の欠けたることのなしと思へば -- [[藤原道長]]
::『小右記』(小野宮右大臣藤原実資)より
 
*<font size=-1>シテ</font>「この句をまうけてあまりのうれしさに心乱れ、高楼に登つて鐘を撞く。人々いかにと咎めしにこれは詩狂と答ふ。かほどの聖人なりしだに、月には乱るる心あり、〽ましてや拙き狂女なれば、<br /><font size=-1>地謡</font>〽許し給へや人々よ、 -『三井寺』(観世流)
 
*[[梅]]が香の たちのぼりてや 月の暈(かさ)-- [[小林一茶]]
60

回編集

案内メニュー