「月」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
1,374 バイト除去 、 14 年前
fmt; sister, +interlang; +img
(fmt; sister, +interlang; +img)
[[Image:Moonrise on Hobart Bay - NOAA.jpg|thumb|月の出。NOAA撮影。]]
[[w:月|'''''']]に関する引用と諺。
 
 
== 引用 ==
 
=== 出典の明確なもの ===
*熟田津に[[船]]乗りせむと月待てば [[海|潮]]もかなひぬ今は漕ぎ出でな -[[額田王]]
*:熱田津爾船乘世武登月待者 潮毛可奈比沼今者許藝乞菜 --『萬葉集』巻の一
::**熟田津は現在の道後温泉。当時は海港であった。
 
*[[天]]の[[海]]に[[雲]]の波立ち月の船 [[星]]の林に漕ぎ隠る見ゆ [[柿本人麻呂]]『万葉集』
*[[夏]]はよる。月の比はさらなり、やみも猶ほたるとびちがひたる。[[雨]]などのふるさへをかし。 -- [[清少納言]]『枕草子』能因本系
*:天海丹 雲之波立 月船 星之林丹 榜隠所見-- [[柿本人麻呂]]『[[万葉集]]』
**この部分は写本によりいくつか異同がある。
::;三巻本系第二類本系『枕草子』
::::夏はよる。月の比はさら也、やみも猶ほたるの多く飛びちがひたる。又、一つ二つなどほのかにうちひかりて行くもをかし。雨などふるもをかし。
::;前田家本『枕草子』
::::夏はよる。月のころはさらなり、やみもほたるのほそくとびちがひたる。またただひとつふたつなどほのかにうちひかりてゆくもをかし。あめなどのふるさへをかし。
::;堺本系『枕草子』
::::夏はよる。月の比はさらなり、ねやもなほ螢おほく飛びひがひたる。又、ただひとつふたつなどほのかにうちひかりて行くもいとをかし。雨ののどやかにふりそへたるさへこそをかしけれ。
 
*うたのさまをもしり ことの心をえたらむ人は [[空|おほぞら]]の月を見るがごとくに、いにしへをあふぎて、いまをこひざらめかも -[[紀貫之]]『古今和歌集』「仮名序」
*[[花]]は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは。-- [[吉田兼好]]徒然草百三十七段
 
*[[]]はよる。月の比はさらなり、やみも猶ほたるの多く飛びちがひたる。[[雨]]又、一つ二つなどかにうちひかりて行くもをかし。雨などふるさへをかし。 -- [[清少納言]]『枕草子』能因三巻本系第二類本系
**この部分は写本によりいくつか異同がある。[[清少納言]]の項を参照
 
*[[天]]の[[海]]に[[雲]]の波立ち月の船 [[星]]の林に漕ぎ隠る見ゆ
*:天海丹 雲之波立 月船 星之林丹 榜隠所見-- [[柿本人麻呂]]『[[万葉集]]』
*この世をば我が世とぞ思ふ望月の欠けたることのなしと思へば -- [[藤原道長]]
::**『小右記』(小野宮右大臣藤原実資の日記)よりに記録される。
 
*松島や雄島が磯による浪の月の[[光]]に[[千鳥]]鳴くなり-[[藤原俊成]]
*<font size=-1>シテ</font>「この句をまうけてあまりのうれしさに心乱れ、高楼に登つて鐘を撞く。人々いかにと咎めしにこれは詩狂と答ふ。かほどの聖人なりしだに、月には乱るる心あり、〽ましてや拙き狂女なれば、<br /><font size=-1>地謡</font>〽許し給へや人々よ、 -『三井寺』(観世流)
*:*『新古今和歌集』に収録。
 
*[[花]]は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは。-- [[吉田兼好]]徒然草百三十七段
*[[梅]]が香の たちのぼりてや 月の暈(かさ)-- [[小林一茶]]
 
*高砂や此(この)浦船に帆を揚げて。月諸共に出で汐(しお)の。波の淡路の島陰(かげ)や。遠く鳴尾の沖すぎて。早(はや)住の江に着きにけり。 -[[世阿弥]]『高砂』
*[[菜の花]]や 月は[[東]]に [[日]]は[[西]]に -- 与謝蕪村
 
*<font size=-1>シテ</font>「この句をまうけてあまりのうれしさに心乱れ、高楼に登つて鐘を撞く。人々いかにと咎めしにこれは詩狂と答ふ。かほどの聖人なりしだに、月には乱るる心あり、〽ましてや拙き狂女なれば、<br /><font size=-1>地謡</font>〽許し給へや人々よ -『三井寺』(観世流)
*[[雲]]の峰幾つ崩て月の[[山]] - [[松尾芭蕉]]
 
* 預言者たちは[[星]]である。しかし[[イエス・キリスト|キリスト]]は[[太陽]]である。キリストの予言に反対するものはすべて無である。キリストは[[天]]への梯子の最初の段でもあり、最後の段でもある。キリストを通して我々は前進を初めなければならず、キリストを通して[[生命]]へ到らなければならない。私は聖書の中にただ、十字架に付けられたキリストのみを理解する。-[[マルティン・ルター]]
*一家に遊女も寢たり[[萩]]と月 - 松尾芭蕉
 
*ひとりぬる山鳥のをのしだりをに霜おきまよふ床の月影 -[[藤原定家]]
花は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは。-[[吉田兼好]]
*:『徒然草』百三十七段
 
*[[雲]]の峰幾つ崩て月の[[山]] - [[松尾芭蕉]]『おくのほそ道』
*うたのさまをもしり ことの心をえたらむ人は [[空|おほぞら]]の月を見るがごとくに、いにしへをあふぎて、いまをこひざらめかも -[[紀貫之]]
*:『古今和歌集』『仮名序』
 
*一家に遊女も寢たり[[萩]]と月 - 松尾芭蕉『おくのほそ道』
*[[天]][[地]]の分かれし時ゆ [[神]]さびて高く貴き<br>駿河なる布士の高嶺を 天の原ふりさけ見れば<br>渡る[[日]]の影も隠らひ 照る月の[[光]]も見えず<br>[[雲|白雲]]もい行きはばかり 時じくぞ雪は降りける<br>語りつぎ言ひ継ぎ行かむ 不尽の高嶺は
*:天地之分時從神左備手高貴寸<br>駿河有布士能高嶺乎天原振放見者<br>度日之陰毛隠比照月乃光毛不見<br>白雲母伊去波伐加利時自久曽雪者落家留<br>語告言継將往不盡能高嶺者 -- [[山部赤人]]『萬葉集』巻三の三一七
 
*[[2月|きさらぎ]]のはつかの[[空]]の月ふかし。まだ生きて[[子]]はたたかふらむか -[[釈迢空]]
 
*松島や雄島が磯による浪の月の[[光]]に[[千鳥]]鳴くなり-[[藤原俊成]]
*:『新古今和歌集』
 
* あら楽や思いははるる身は捨つる浮世の月にかかる[[雲]]なし - [[大石内蔵助|大石藏之助]]
*:[[辞世の句]]
 
* 預言者たちは[[星]]である。しかし[[イエス・キリスト|キリスト]]は[[太陽]]である。キリストの予言に反対するものはすべて無である。キリストは[[天]]への梯子の最初の段でもあり、最後の段でもある。キリストを通して我々は前進を初めなければならず、キリストを通して[[生命]]へ到らなければならない。私は聖書の中にただ、十字架に付けられたキリストのみを理解する。-[[マルティン・ルター]]
*: "Die Propheten sind die Sterne und der Mond; aber Christus ist die Sonne. Gegen die Predigt Christi ist alles Nichts. Er ist beides, die erste und die letzte Stufe an der Leiter gen Himmel. Durch ihn müssen wir anfangen, fortfahren und hindurch zum Leben kommen. Ich verstehe in der Schrift nur Christus, den gekreuzigten."
*高砂や此(この)浦船に帆を揚げて。月諸共に出で汐(しお)の。波の淡路の島陰(かげ)や。遠く鳴尾の沖すぎて。早(はや)住の江に着きにけり。 -[[世阿弥]]
*:『高砂』
 
*ひとりぬる山鳥のをのしだりをに霜おきまよふ床の月影 -[[藤原定家]]
 
*[[清水]]へ[[祇園]]をよぎる[[桜]]月[[夜]]こよひ逢ふひとみなうつくしき-[[与謝野晶子|與謝野晶子]]
 
===[[w:百人一首|小倉百人一首]]===
*夏の夜はまだ宵ながらあけぬるを[[雲]]のいづこに月やどるらむ --[[清原深養父]]
*めぐりあひて見しやそれともわかぬまに雲がくれにし夜半の月かな --[[紫式部]]
*やすらはで寝なましものをさ夜ふけてかたぶくまでの月を見しかな --[[赤染衛門|赤染衞門]]
*心にもあらでうき世にながらへば恋しかるべき夜半の月かな --[[三条天皇|三条院]]
*[[秋]]風にたなびく雲のたえ間よりもれいづる月の影のさやけさ --左京大夫顕輔
*[[時鳥|ほととぎす]]鳴きつるかたをながむればただありあけの月ぞ残れる --後徳大寺左大臣
*なげけとて月やは物を思はするかこち顔なるわが[[涙]]かな --[[西行]]
 
== 帰せられるもの ==
 
*[[菜の花]]や 月は[[東]]に [[日]]は[[西]]に -- 与謝蕪村
 
*[[梅]]が香の たちのぼりてや 月の暈(かさ)-- [[小林一茶]]
 
*[[月|きさらぎ]]のはつかの[[空]]の月ふかし。まだ生きて[[子]]はたたかふらむか --[[釈迢空]]
 
*[[清水]]へ[[祇園]]をよぎる[[桜]]月[[夜]]こよひ逢ふひとみなうつくしき --[[与謝野晶子|與謝野晶子]]
 
==諺と言い伝え==
*月の色が淡く白く見えるときは、風雨が多い。 -- 日本の言い伝え
*月の色が赤黄色のときは、日照りが多い。 -- 日本の言い伝え
 
== 関連項目 ==
{{wikipedia}}
{{Commons|Moon|月}}
*関連語:[[天]]・[[空]];[[夜]]・[[宇宙]];[[暦]]
*対義語:[[太陽]]・[[星]]
 
[[Category:主題別|つき 月]]
 
[[de:Mond]]
[[it:Luna]]
[[pt:Lua]]
5,740

回編集

案内メニュー