「武士」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
荒らしにと思われる記述の訂正等
(荒らしにと思われる記述の訂正等)
[[w:武士|武士]]に関する引用句、諺。
== 引用句 ==
*ちからをもいれずして[[天|あめ]][[土|つち]]をうごかし めに見えぬ おに神をもあはれとおもはせ [[男|をとこ]]をむなのなかをもやはらげ たけきものゝふの心をもなぐさむるはうたなり -- [[w:古今和歌集|古今和歌集]]『仮名序』[[紀貫之]]
 
*武士[[道]]といふは[[死]]ぬことと見付けたり -- 『葉隠』[[山本常朝]]
 
*[[花]]は[[桜|桜木]]、[[人間|人]]は武士、柱は檜、[[魚]]は[[鯛]]、小袖は[[紅葉|もみぢ]]、[[花]]は[[吉野|みよしの]] -- 竹田出雲ら『仮蔵』
 
*武士(もののふ)のやばせの舟は早くとも急がば廻れ瀬田の長橋 -- [[宗長]]
 
== 諺 ==
*斬るも武士、斬らるも武士
*武士に二言(にごん)なし
*武士は食わねど高楊枝
149

回編集

案内メニュー