「月」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
*[[東]]の野にかぎろひの立つ見えて かへり見すれば月かたぶきぬ - [[柿本人麻呂]]『万葉集』
 
*うたのさまをもしり ことの心をえたらむ人は [[空|おほぞら]]の月を見るがごとくに、いにしへをあふぎて、いまをこひざらめかも -[[紀貫之]]『古今和歌集』「仮名序」*月は有明の、東の山ぎはにほそくて出づるほど、いとあはれなり -- [[清少納言]]『[[枕草子]]』
 
*月は有明の、東の山ぎはにほそくて出づるほど、いとあはれなり -- [[清少納言]]『[[枕草子]]』
 
*この世をば我が世とぞ思ふ望月の欠けたることのなしと思へば -- [[藤原道長]]

案内メニュー