「月」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
:*内藏助が詠んだ[[辞世の句]]である。
 
* 預言者たちは[[星]]である。しかし[[イエス・キリスト|キリスト]]は[[太陽]]である。キリストの予言に反対するものはすべて無である。キリストは[[天]]への梯子の最初の段でもあり、最後の段でもある。キリストを通して我々は前進を初めなければならず、キリストを通して[[生命]]へ到らなければならない。私は聖書の中にただ、十字架に付けられたキリストのみを理解する。-[[マルティン・ルター]]
 
 
=== 漢詩 ===
* 杯を挙げて明月を邀へ 影に対して三人と成る - [[李白]]『月下独酌』
:*"挙杯邀明月,対影成三人"
* 暮に碧[[山]]より下れば 山月人に隨って帰る- [[李白]]『下終南山過斛斯山人宿置酒』
:*"暮從碧山下 山月隨人歸"
 
* 牀前月光を看る 疑うらくは是れ地上の霜かと 頭を挙げては山月を望み 頭を低たれては故郷を思う -李白『静夜思』
:*"牀前看月光 疑是地上霜 擧頭望山月 低頭思故郷 "
 
* -李白『将進酒』
:*"莫使金尊空対月"
 
* 月落ち[[烏]]啼ないて [[霜]]天に満つ-張継『楓橋夜泊』
:*"月落烏啼霜満天"
 
* 野は曠く天は樹に低れ 江は清くして月は人に近し -[[孟浩然]]『宿建徳江』
:*"野曠天低樹 江清月近人"
 
* [[松]][[風]]吹きて帯を解き 山月弾[[琴]]を照らす - [[王維]]『酬張少府』
:*"松風吹解帶,山月照彈琴"
 
* 明月 松間に照り,清泉 石上に流る-王維『山居秋暝』
* [[星]]垂れて[[平]]野闊き 月湧きて大[[川|江]]流る - [[杜甫]]『旅夜書懷』
:*"明月松間照 清泉石上流"
 
* 深森、人知らず 明月来たりて、相照らす -王維『竹里館』
:*"深森人不知 明月来相照"
 
* [[星]]垂れて[[平]]野 月湧きて大[[川|江]]流る - [[杜甫]]『旅夜書懷』
:*"星垂平野闊,月湧大江流"
 
* 明月水の如く楼台を浸す  - 王實甫『[[西廂記]]』第一折
:*"明月如水浸樓台"
 
* 預言者たちは[[星]]である。しかし[[イエス・キリスト|キリスト]]は[[太陽]]である。キリストの予言に反対するものはすべて無である。キリストは[[天]]への梯子の最初の段でもあり、最後の段でもある。キリストを通して我々は前進を初めなければならず、キリストを通して[[生命]]へ到らなければならない。私は聖書の中にただ、十字架に付けられたキリストのみを理解する。-[[マルティン・ルター]]
 
===[[w:百人一首|小倉百人一首]]===
24

回編集

案内メニュー