「老い」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
(ページの作成:「'''老い'''に関する引用・諺 == 引用 == * 白髮三千丈<br />縁愁似箇長<br />不知明鏡裏<br />何處得秋霜 -- 李白『秋浦歌』其十五...」)
 
** 白髮 三千丈/愁ひに縁りて かくのごとく長し<br />知らず 明鏡の裏/何れの処にか [[秋]][[霜]]を得る
* [[桜|櫻花]] ちりかひ曇れ おいらくの 來むといふなる みちまがふがに -- [[在原業平]]『[[古今和歌集]]』より
* [[|昔|いにしへ]]にふりゆく身こそあはれなれ昔ながらの[[橋]]を見るにも -- [[伊勢大輔]]『後拾遺和歌集』より
* [[花]]さそふ[[嵐]]の庭の[[雪]]ならでふりゆくものはわが身なりけり -- [[藤原公経]]『新勅撰和歌集』より、『[[小倉百人一首]]』にも採録
 
匿名利用者

案内メニュー