「月」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
 
*天の原 ふりさけみれば 春日なる 三笠の山に いでし月かも --[[w:阿倍仲麻呂|阿倍仲麻呂]]
*今こむと いひしばかりに 長月の 有明の月を まちいでつるかな --素性法師
*月みれば ちぢにものこそ かなしけれ わが身一つの [[]]にはあらねど --大江千里
*[[]]ぼらけ 有明の月と見るまでに 吉野の里に 降れる白雪 --文屋康秀
*夏の夜は まだ宵ながら あけぬるを [[]]のいづこに 月やどるらむ --清原深養父
*めぐりあひて 見しやそれとも わかぬまに 雲がくれにし 夜半の月かな --[[w:紫式部|紫式部]]
*やすらはで 寝なましものを さ夜ふけて かたぶくまでの 月を見しかな --[[w:赤染衛門|赤染衛門]]
*秋風に たなびく雲の たえ間より もれいづる月の 影のさやけさ --左京大夫顕輔
*ほととぎす 鳴きつる方を ながれむれば ただありあけの 月ぞ残れる --後徳大寺左大臣
*なげけとて 月やは物を 思はする かこち顔なる わが[[]]かな --[[西行]]
[[Category:主題別|つき]]
792

回編集

案内メニュー