「紀友則」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
==[[w:紀友則|紀友則]]==
紀友則はきのとものり。平安時代中期の歌人であり三十六歌仙のひとりである。[[紀貫之]]いとこ。
===『古今和歌集』===
*久方の ひかりのどけき [[春]]の日に しづ心なく [[花]]のちるらむ  
*花の香を風のたよりにたぐへてぞ鶯さそふしるべにはやる
*:『古今和歌集』。[[藤原定家]]の『小倉百人一首』にも収録。
 
*きみならで誰にか見せむ梅の花色をも香をもしる人ぞしる
*久方の ひかりのどけき [[春]]の日に しづ心なく [[花]]のちるらむ  
*:『古今和歌集』。[[藤原定家]]の『小倉百人一首』にも収録。
 
*音羽山けさ越え来ればほととぎす梢遥かに今ぞ鳴くなる
 
*雪ふれば木ごとに花ぞさきにけるいづれを梅とわきてをらまし
*:「木ごと」(木毎)は、梅をあらわしたもの。漢詩の技法である離合詩を採り入れた和歌。
 
{{wikipedia|紀友則}}
[[Category:歌人|き 紀友則]]
5,744

回編集

案内メニュー