「紀貫之」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
=== 『古今和歌集』===
==== 仮名序 ====
*やまとうたは ひとこころをたねとして よろづのこととぞ なれりける
 
*世の中にある 人ことわざ しげきものなれば 心におもことを 見るものきくものに つけていひいだせるなり
 
*花になくうぐひす 水にすむかはづのこゑをきけば いきとしいけるものいづれかうたをよまざりける
*ちからをもいれずしてあめつちをうごかし に見えぬ おに神をもあはれとおもはせ 男女をとこをむなのなかをもやはらげ たけきものゝふの心をもなぐさむるはうたなり
 
*このうた 天地あめつちひらけはじまりけるときより いできにけり しかあれども 世につたはることは ひさかたのあめにしては 下照姫したてるひめはじまり あらねのつちては [[日本神話#八雲立つ|素戔嗚尊すさのをのみこと]]よりぞこりける ちはやぶる神世には うたのもじもさだまらず すなほにして の心きがたかりけらし ひとの世となりて 素戔嗚尊すさのをのみことよりぞこりける
 
*ちはやぶる神世には、うた文字じもさだまらず、すなほにして、の心きがたかりけらし
 
*ひとの世となりて、素戔嗚尊すさのをのみことよりぞ、三十文字余みそもじあま一文字ひともじはよみける
*かくてぞ 花をめで とりをうらやみ かすみをあはれび つゆをかなしぶ心 言葉多ことばおほく さまざまになりにける。とほき所も いであしもとよりはじまりて 年月をわたり たかき山も ふもとの塵泥ちりひぢよりなりて 天雲あまぐもたなびくまでのぼれるごとくに このうたも かくのごとくなるべし
 
*難波津なにはづうたみかど御初おほむはじめなり
 
*安積あさか山のことばは 采女うぬめのたはぶれよりよみて このふたうたうた父母ちちははのやうにてぞ 手ならふ人の はじめにもしける
 
(中略)
 
*いにしへより かくつたはるうちにも ならの御時よりぞ ひろまりにける
----
*かのおほむ時に おほきみつのくらゐ[[柿本人麻呂|かきのもとの人まろ]]なむ うたのひじりなりける。
 
(中略)
 
*人まろはあかひとがかみにたたむことかたく [[山部赤人|あか人]]は人まろがしもにたたむことかたくなむありける
 
(中略)
 
*たとひ時うつり ことさり たのしび かなしびゆきかふとも このうたのもじあるをや
 
(中略)
 
*うたのさまをもしり ことの心をえたらむ人は おほぞらの月を見るがごとくに、いにしへをあふぎて、いまをこひざらめかも
858

回編集

案内メニュー