「月」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
(→‎[[w:百人一首|小倉百人一首]]: WQ内リンクへ修正)
=== 出典の明確なもの ===
 
*[[]]はよる。月の比はさらなり、やみも猶ほたるとびちがひたる。[[]]などのふるさへをかし。 -- [[清少納言]]『枕草子』能因本系
**この部分は写本によりいくつか異同がある。
::;三巻本系第二類本弥富本『枕草子』
*[[花]]は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは。-- [[吉田兼好]]徒然草百三十七段
 
*[[]][[]][[]]の波立ち月の船 [[星]]の林に漕ぎ隠る見ゆ -- [[柿本人麻呂]]『[[万葉集]]<!-- 作者は-->
*この世をば我が世とぞ思ふ望月の欠けたることのなしと思へば -- [[藤原道長]]
::『小右記』(小野宮右大臣藤原実資)より
 
*[[梅]]が香の たちのぼりてや 月の暈(かさ)-- [[小林一茶]]
 
*[[菜の花]]や 月は[[東]]に [[日]]は[[西]]に -- 小林一茶
 
*[[雲]]の峰幾つ崩て月の[[山]] - 松尾芭蕉
 
*一家に遊女も寢たり萩と月
 
*[[天]][[地]]の分かれし時ゆ [[神]]さびて高く貴き<br>駿河なる布士の高嶺を 天の原ふりさけ見れば<br>渡る[[日]]の影も隠らひ 照る月の[[光]]も見えず<br>[[雲|白雲]]もい行きはばかり 時じくぞ雪は降りける<br>語りつぎ言ひ継ぎ行かむ 不尽の高嶺は
*:天地之分時從神左備手高貴寸<br>駿河有布士能高嶺乎天原振放見者<br>度日之陰毛隠比照月乃光毛不見<br>白雲母伊去波伐加利時自久曽雪者落家留<br>語告言継將往不盡能高嶺者 -- [[山部赤人]]『萬葉集』巻三の三一七
 
===[[w:百人一首|小倉百人一首]]===
*やすらはで寝なましものをさ夜ふけてかたぶくまでの月を見しかな --[[赤染衛門]]
*心にもあらでうき世にながらへば恋しかるべき夜半の月かな --三条院
*[[]]風にたなびく雲のたえ間よりもれいづる月の影のさやけさ --左京大夫顕輔
*ほととぎす鳴きつるかたをながむればただありあけの月ぞ残れる --後徳大寺左大臣
*なげけとて月やは物を思はするかこち顔なるわが[[涙]]かな --[[西行]]
792

回編集

案内メニュー