「月」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
*[[花]]は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは。-- [[吉田兼好]]徒然草百三十七段
 
*[[天]]の[[海]]に[[雲]]の波立ち月の船 [[星]]の林に漕ぎ隠る見ゆ -- [[柿本人麻呂]]『[[万葉集]]』
*:天海丹 雲之波立 月船 星之林丹 榜隠所見-- [[柿本人麻呂]]『[[万葉集]]』
*この世をば我が世とぞ思ふ望月の欠けたることのなしと思へば -- [[藤原道長]]
::『小右記』(小野宮右大臣藤原実資)より
 
*[[清水]]へ[[祇園]]をよぎる[[桜]]月[[夜]]こよひ逢ふひとみなうつくしき-[[与謝野晶子]]
 
===[[w:百人一首|小倉百人一首]]===
*天の原ふりさけみれば春日なる三笠の山にいでし月かも --[[阿倍仲麻呂]]
858

回編集

案内メニュー