飛鳥井雅経

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
藤原雅経から転送)
移動先: 案内検索

飛鳥井雅経(あすかい まさつね、1170年 - 1221年)は日本の公家、歌人。名はまたがけいとも呼ばれる。本姓は藤原氏。難波頼経の子。『新古今和歌集』の選者の一人。飛鳥井家の祖。

引用[編集]

『新古今和歌集』[編集]

  • しら雲のたえまになびく青柳のかづらき山に春風ぞふく
  • 花さそふなごりを雲に吹きとめてしばしはにほへ春の山風
  • たへてやは思ひありともいかがせんむぐらの宿の秋の夕ぐれ
  • み吉野の山の秋風さ夜ふけてふるさと寒く衣うつなり
  • うつりゆく雲に嵐の声すなり散るかまさきのかづらきの山
  • 草枕むすびさだめむかた知らずならはぬ野辺の夢のかよひ路

外部リンク[編集]

Wikipedia
ウィキペディアにも飛鳥井雅経の記事があります。