加賀千代女

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
Transwiki:加賀千代女から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
加賀千代女

加賀千代女(1703年‐1775年)[編集]

かがのちよじょ。江戸時代の俳人。

帰せられるもの[編集]

  • 朝顔や釣瓶とられてもらひ水
    • 朝顔にという異説もある。
  • あさ顔や蝶のあゆみも夢うつゝ
  • 朝顔や宵から見ゆる花のかず
  • あさがほや帯して寝ても起はづれ
  • 朝がほや宵に残りし針仕事
  • とんぼ釣り今日はどこまでいったやら

誤って帰せられるもの[編集]

  • 起きてみつ寝てみつ蚊帳の広さかな
    • 元禄時代の浮橋という遊女の句。