Transwiki:豊田章男

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

豊田 章男(とよだ あきお、1956年5月3日 - )は、日本実業家経営者レーシングドライバー

語録[編集]

  • 「もっといいクルマをつくろうよ」[1]
  • 「道が人を鍛える、人が車を作る」「クルマは道が作る」[2]
  • 「愛がつくのは車だけ。愛車とは言っても、愛冷蔵庫とは言わない」[3]
  • 「18年間恋い焦がれた様な彼女に会えたような気持ち」[4]
WRC復帰会見にて、ヤリスWRCを見た時の感想。
  • 「若者が車から離れたのではなく、我々が若者から離れたのです[5]
  • 「プリウスについても、私はずっと言ってますよ、『カッコ悪い』って。主査の豊島には最後までそう言い続けました。でもそれが健全な議論だと思います。言いたいことが言える。多様性を認める。トヨタと言う組織を変えていくには、そういう活発なコミュニケーションが一番重要なのです」[6]
  • 「どんな車で迎えに行っても笑顔で乗ってくれる彼女を探したい。トヨタだったらパッソかヴィッツ」[7]
どんな車でデートに行くか、という話題で。
  • 「トヨタはね、アンチが多いんですよ」[8]
  • 「私は一人ではない。皆さんと一緒に公聴会に出席させて頂いたと思っている[9]
アメリカでのリコール問題の公聴会終了後のコメント。
  • 「トヨタは負け嫌い」[10]
2016年ル・マンの歴史的惜敗の時に言った言葉。
  • 「100年前は、このアメリカには1500万頭の馬がいたんです。その1500万頭の馬が、今は1500万台のクルマに変わっています。ところが、馬は競走馬として残っている。それから、趣味として乗る馬。そういう、馬を楽しむ方々のための馬は残っているんですよ。そう考えますと、自動運転などでクルマがいわばコモディティ化していってしまった時代において、必ず残るクルマは、Fun to Driveですよ」[11]

出典[編集]

  1. 豊田章男社長が「もっといいクルマをつくろうよ」と言い続ける理由”. 2017年8月7日閲覧。
  2. 豊田社長の言葉から読み解く、トヨタWRC復帰”. 2017年8月7日閲覧。
  3. Mr.TOYODA AS A “GQ JAPAN” REPORTER GQ記者・豊田章男、ものづくりを考える──第3回 ヴォルフガング・ポルシェ (ポルシェAG監査役会会長)”. 2019年6月17日閲覧。
  4. 【トヨタ WRC 復帰】豊田社長「18年恋い焦がれた彼女」…ヤリス WRC”. 2017年8月7日閲覧。
  5. トヨタ社長が取り込み狙う、車なくてもデートの若者-長期戦略”. 2017年8月7日閲覧。
  6. 「ずっと言ってますよ、プリウスはカッコ悪い」 豊田章男社長のクルマづくり”. 2018年3月31日閲覧。
  7. トヨタ社長が語ったデートとクルマの関係 あのとき僕らも若かった”. 2017年8月7日閲覧。
  8. フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える 豊田章男社長「トヨタ嫌いの皆さまへ」 第349回 トヨタ・豊田章男社長スーパーインタビュー (その3)”. 2017年8月7日閲覧。
  9. 読売新聞. (2010年2月25日) 
  10. 【ルマン24時間 2016】「トヨタは負け嫌い、捲土重来を期す」…豊田社長”. 2017年12月20日閲覧。
  11. なぜトヨタにはスープラが必要なのか。香川編集長がデトロイトへ飛んで社長を直撃!” (2019年2月5日). 2019年6月2日閲覧。
Wikipedia
ウィキペディアにも豊田章男の記事があります。