リチャード・ストールマン

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動: 案内検索
リチャード・ストールマン

リチャード・ストールマン (1953年-)、プログラマー、フリーソフトウェア活動家。

出典の明確なもの[編集]

  • 私は「現実を受け入れるべきだ」と言われてきた。馬鹿げている! 私は認めやしないぞ。
    • New York Linux Bazaar 基調講演
  • 一つ一つ特許と闘っていくことは、ソフトウェア特許の危険を決して根絶やしにはしない。蚊を叩くことが、マラリアを根絶やしにすることはないようにね。.
  • お金を払うことは間違いではないし、お金を受け取ることも間違いではない。他の人の自由とコミュニティを踏みにじることが間違いなんだ。だから、フリーソフトウェア運動はこういうことに終わりをもたらそうとしている。少なくとも、ソフトウェアの領域においてね。
  • たまに「Emacs教ではviを使うことは罪ですか?」と尋ねてくる人がいるけど、フリーなバージョンのviを使うことは罪ではないよ。それは一種の苦行とされてるんだ。ハッキングを楽しんでくれ。
  • 何でも好きなエディタを使うがよい。しかし覚えておけ、 vi vi vi はサタンのテキストエディタだ。
    • HOPE 2006 Speech
  • 個人的な理由で、私は自分のコンピューターからウェブをブラウズしない(それに私は大抵の時間はネット接続がない環境にいる)。ページを見る時は、wgetとmailsを動かしているデーモンにメールを送って、こちらに寄越すようにさせている。これは私にとって非常に有効な時間の使い方なんだけど、リアルタイムでは遅いね。
    • OpenBSD mailing list, 2007-12-15 [1]