冬至

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動: 案内検索

冬至に関する引用。

引用[編集]

俳句[編集]

  • 門前の小家も遊ぶ冬至かな -凡兆
  • 貧乏な儒者とひ來る冬至哉 -蕪村
  • よそながら冬至と聞くや草の庵 -召波
  • 鷺のうしろ影見し冬至かな -几董
  • 疎かりし隣に遊ぶ冬至かな -大須賀乙于
  • 山國の虚空日わたる冬至かな -飯田蛇笏

その他[編集]

  • 桓武天皇延暦三年十一月戊戌朔、勅して曰く、十一月朔旦冬至は、これ歴代の希遇にして、王者の休祥なり。朕不徳にして今に値ふを得たり。思ふに慶賞を行ひ、ともに嘉辰を悦び、公卿已下よろしく普賜を加へ、京畿当年田租ならびにこれを免ずべし。 -其諺『滑稽雑談』
    『続日本紀』の記事として出ている。