動物農場

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動: 案内検索

『動物農場』(どうぶつのうじょう、原題 Animal Farm)1945年に刊行されたジョージ・オーウェルの小説。農場主を追い出して自治的な農場経営をした動物たちが、専制政治へ移行する過程を描く。

第1部[編集]

  • 人間だけが我々に対する本当の敵なのだ。人間を追い出そう。そうすれば飢えと過酷な労働の根本的な原因は永遠に無くなるのだ。人間は生産することなく消費をおこなうただ一種の動物である。彼らはミルクを出さない。彼らは卵を産まない。鋤を引くには弱々しすぎるし、ねずみを捕まえられるほど足が速くもない。しかし彼らは全ての動物の主だ。全ての動物を働かせ、その見返りに飢え死にしないだけの最低限だけを動物に分け与えて残りを自分で所有するのだ。
Man is the only real enemy we have. Remove Man from the scene, and the root cause of hunger and overwork is abolished forever. Man is the only creature that consumes without producing. He does not give milk, he does not lay eggs, he is too weak to pull the plough, he cannot run fast enough to catch rabbits. Yet he is lord of all the animals. He sets them to work, he gives back to them the bare minimum that will prevent them from starving, and the rest he keeps for himself.
  • それではなぜ我々はこの悲惨な状態のままなのか?それは我々の労働の生産物のほとんど全てが人間によって盗まれているからである。
Why then do we continue in this miserable condition? Because nearly the whole of the produce of our labour is stolen from us by human beings.
  • 「同志諸君、憶えておいてくれ。君たちの決意は決して挫けないということを。どのような論争も君たちを迷走させることはない。彼らが君たちに人間と動物は共通の利益を持つ、片方の繁栄はもう一方の繁栄であると言っても耳を貸すな。それは嘘だ。人間が自分以外の生き物の利益に奉仕することはない。そして我々動物の間に闘争における完璧な団結、完璧な同志意識を育もうではないか。全ての人間は敵だ。全ての動物は同志だ。」
Remember, comrades, your resolution must never falter. No argument must lead you astray. Never listen when they tell you that Man and the animals have a common interest, that the prosperity of the one is the prosperity of the others. It is all lies. Man serves the interests of no creature except himself. And among us animals let there be perfect unity, perfect comradeship in the struggle. All men are enemies. All animals are comrades.
  • 一回の投票で決まった。圧倒的多数でねずみは同志であることが決まった。反対票は四票だけで三匹の犬と猫だった。猫の方は後で両方に投票していたことがわかった。
The vote was taken at once, and it was agreed by an overwhelming majority that rats were comrades. There were only four dissentients, the three dogs and the cat, who was afterwards discovered to have voted on both sides.

第2部[編集]

  1. 二本足で歩く者は誰であっても敵である。
  2. 四本足で歩く者または翼を持つ者は誰であっても仲間である。
  3. 動物は衣服を着てはならない。
  4. 動物はベッドで眠ってはならない。
  5. 動物は酒を飲んではならない。
  6. 動物は他の動物を殺してはならない。
  7. 全ての動物は平等である。
Whatever goes upon two legs is an enemy.
Whatever goes upon four legs, or has wings, is a friend.
No animal shall wear clothes.
No animal shall sleep in a bed.
No animal shall drink alcohol.
No animal shall kill any other animal.
All animals are equal.

第3部[編集]

  • 盗みを働く者はいなかったし、食事に不平を言う者もいなかった。かつての生活では当たり前に見られた言い争いや喧嘩、嫉妬はほとんどなくなった。
Nobody stole, nobody grumbled over his rations, the quarreling and biting and jealousy which had been normal features of life in the old days had almost disappeared.
  • 年寄りロバのベンジャミンは反乱後も変わらないように見えた。ジョーンズがいた頃にそうしていたのと同じ様にゆっくりと一徹なやり方で自分の仕事をおこなった。怠けることもなく余分の勤労奉仕をすることもなかった。反乱とその結果については何も言わなかったし、ジョーンズがいなくなって嬉しくないのか、と尋ねられるとただ「ロバは長生きだ。誰も死んだロバを見たことがない。」としか言わないので尋ねた者はこの謎めいた答えだけで満足しなければならなかった。
Old Benjamin, the donkey, seemed quite unchanged since the Rebellion. He did his work in the same slow obstinate way as he had done it in Jones's time, never shirking and never volunteering for extra work either. About the Rebellion and its results he would express no opinion. When asked whether he was not happier now that Jones was gone, he would say only "Donkeys live a long time. None of you has ever seen a dead donkey," and the others had to be content with this cryptic answer.
  • 四本足は善い。二本足は悪い。
Four legs good, two legs bad.
  • 早成りのりんごが熟れて、果樹園の草の上に落ちた実が散らばっている頃のことだった。動物たちは当然のようにそれが平等に分け与えられるものだと思っていたが、ある日、落ちた実を全て集めて豚たちの使っている馬具室に持ってくるようにという命令が下された。一部の他の動物は不満をもらしたが仕方のないことだった。スノーボールとナポレオンを含めこれについては全ての豚の間で完全な合意ができていたのだ。そして他の者に説明をおこなうためにスクィーラーが駆りだされた。 
「同志諸君!」彼は叫んだ。「私は我々豚が利己主義と特権意識からこんなことをしていると君たちに考えてもらいたくない。我々の多くは実際のところミルクとりんごが嫌いなのだ。私も嫌いだ。我々がこれらを食べる目的はただ一つ、我々の健康を保つためだ。ミルクとりんご(これらは科学によってもたらされたのだ、同志よ)は豚の健康には絶対的に欠かすことのできない物質を含んでいる。我々豚は頭脳労働者だ。この農場の全体管理と組織運営は我々にかかっている。我々は昼夜を問わず君たちの幸福な生活を見守っているのだ。我々がミルクを飲み、りんごを食べるのは君たちのためなのだ。我々豚が我々の義務を全うできなかった場合に何が起きると思うかね?ジョーンズが戻ってくる!そう、ジョーンズが戻ってくるのだよ!これは確かなことだ、同志諸君。」スクィーラーはまるで申し立てをするように叫びながら左右に駆け回り、尻尾を振り回した。「君たちの中でジョーンズに戻ってきて欲しい者いないだろう?」
動物たちにとって明らかに確かなことが一つあるとするならばそれはジョーンズに戻ってきて欲しくないということだった。それを持ち出されると彼らは何も言えなくなってしまった。豚を健康に保つことの重要性はあまりに明白に思えた。そしてそれ以上の議論がされることなく、ミルクと木から落ちたりんご(さらには熟した後に収穫するりんごも)豚だけのものになることが合意された。
The early apples were now ripening, and the grass of the orchard was littered with windfalls. The animals had assumed as a matter of course that these would be shared out equally; one day, however, the order went forth that all the windfalls were to be collected and brought to the harness-room for the use of the pigs. At this some of the other animals murmured, but it was no use. All the pigs were in full agreement on this point, even Snowball and Napoleon. Squealer was sent to make the necessary explanations to the others.

第5部[編集]

  • それまで動物たちはどちらを支持するか決めかねていたがスノーボールの雄弁が彼らを引き込んでいった。
Until now the animals had been about equally divided in their sympathies, but in a moment Snowball’s eloquence had carried them away.
  • 同志よ、皆を指導することが楽しいなどと思わないでくれたまえ!反対に深くて重い責任がその身にのしかかってくるのだ。ナポレオン同志以上に全ての動物が平等であることを固く信じている者はいない。君たちが君たち自身でどうするのかを決定できれば彼はとても幸せだろう。しかしときどき君らは間違った決定をする。同志よ、そうなれば我々はどうなる?
Do not imagine, comrades, that leadership is a pleasure. On the contrary, it is a deep and heavy responsibility. No one believes more firmly than Comrade Napoleon that all animals are equal. He would be only too happy to let you make your decisions for yourselves. But sometimes you might make the wrong decisions, comrades, and then where should we be?

第6部[編集]

  • 再び動物は漠然とした不安を感じた。人間と取引してはならない、売買の契約を結んではならない、金銭を使ってはならない・・・そういったことをジョーンズが追い出された後の勝利集会で最初に決議したのではなかったか?
Once again the animals were conscious of a vague uneasiness. Never to have any dealings with human beings, never to engage in trade, never to make use of money— had not these been among the earliest resolutions passed at the first triumphant Meeting when Jones was expelled?
  • 同志諸君,この事態が誰のせいかわかるかね?夜中に現れ、我々の風車を打ち壊した敵がわかるかね?スノーボールだ!」
Comrades, do you know who is responsible for this? Do you know the enemy who has come in the night and overthrown our windmill? SNOWBALL!

第7部[編集]

  • 「ああ、誤解しないでくれ!」ボクサーが言った。「同志ナポレオンがそう言ったのならそれは正しいに違いない。」
"Ah, that is different!" said Boxer. "If Comrade Napoleon says it, it must be right."
  • 動物農場 動物農場
私は決して汝に害をなさないだろう!
Animal Farm, Animal Farm,
Never through me shalt thou come to harm!

第8部[編集]

  • ミュリエルは彼女にその戒律を読んでくれた。そこには「動物は他の動物を殺してはならない。理由なくして。」と書かれていた。
But when Muriel reads the writing on the barn wall to Clover, interestingly, the words are, "No animal shall kill any other animal without cause."
  • どうしたことか最後の一文は動物たちの記憶からはすっぽり抜け落ちていた。とにかく戒律が犯されていないことは明らかになったのだった。裏切り者を殺す適切な理由は明らかにあった。彼らはスノーボールと結託していたのだ。
Somehow or other, the last two words had slipped out of the animals’ memory. But they saw now that the Commandment had not been violated; for clearly there was good reason for killing the traitors who had leagued themselves with Snowball.
  • 大納屋のつきあたりにある七つの戒律が書かれた壁の下に真っ二つに折れたはしごが転がっている。その側には呆然とした表情のスクィーラーがだらしなく倒れており、近くには倒れたランタン、ペンキブラシそして白のペンキがはいっている壷ひっくり返っていた。
At the foot of the end wall of the big barn, where the Seven Commandments were written, there lay a ladder broken in two pieces. Squealer, temporarily stunned, was sprawling beside it, and near at hand there lay a lantern, a paint-brush, and an overturned pot of white paint.
  • 動物たちは誰も何が起きたのかわからなかった。ベンジャミンを除いては。彼はなるほどといった調子でその長い顔でうなずき、何か理解したようだったが何も言おうとはしなかった。
None of the animals could form any idea as to what this meant, except old Benjamin, who nodded his muzzle with a knowing air, and seemed to understand, but would say nothing.

第10部[編集]

  • 農場が豊かになったにも関わらず、どうしたわけか動物たち自身は少しも豊かになったようには見えなかった・・・もちろん豚たちと犬たちは別だったが。
Somehow it seemed as though the farm had grown richer without making the animals themselves any richer — except, of course, for the pigs and the dogs.
  • 四本足は善い、二本足はもっと善い!
Four legs good, two legs better!
  • 全ての動物は平等である。
ただし一部の動物はより平等である。
ALL ANIMALS ARE EQUAL
BUT SOME ANIMALS ARE MORE EQUAL THAN OTHERS.
  • その動物の外見は豚から人へ、人から豚へ、そして再び豚から人へと変わっていった。もうどちらがどちらか区別することはできなかった。
The creatures outside looked from pig to man, and from man to pig, and from pig to man again; but already it was impossible to say which was which.

外部リンク[編集]

Wikipedia
ウィキペディア動物農場に関する記事があります。