易経

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動: 案内検索

易経[編集]

古代中国の書物。『周易』とも呼ぶ。

乾為天[編集]

  • 天行健なり。君子はもって自ら彊めて息(やす)まず。 
    天行健。君子以自彊不息。
    日本語の「自彊」の語源。
  • 亢竜悔いあり。
    亢龍有悔。


坤為地[編集]

  • 積善の家には、必らず余慶あり。積不善の家には、必らず余殃あり。
    積善之家、必有餘慶。積不善之家、必有餘殃。
    「積善余慶」の語源。


沢火革[編集]

  • 君子は豹(のごとく)変じ、小人は面を革(あらた)む。
    君子豹變、小人革面。
    「君子豹変」の語源。


繋辞上伝[編集]

  • 子(孔子)曰く、書は言を尽くさず、言は意を尽くさず。然らば則ち聖人の意、其れ見るべからざるや、と。
    子曰、書不盡言、言不盡意。然則聖人之意、其不可見乎。
    「書は言を尽くさず、言は意を尽くさず」は、手紙文の末尾の言葉として好んで用いられる。
  • 形而上は道のこと、形而下とは器のこと。 
    形而上者謂之道、形而下者謂之器。
    形而上学の語源。


繋辞下伝[編集]

  • 善の積まざれば、以って名を成すに足らず。悪の積まざれば、以って身を滅ぼすに足らず。小人は小善を以って益することなしと為して為さざるなり。小悪を以って傷(やぶ)ることなしと為して去らざるなり。故に悪は積みて掩うべからず。罪は大にして解くべからず。
    善不積、不足以成名。惡不積、不足以滅身。小人以小善爲无益而弗爲也。以小惡爲无傷而弗去也。故惡積而不可掩。罪大而不可解。

外部リンク[編集]

Wikipedia
ウィキペディア易経に関する記事があります。
Wikisource
ウィキソース易経に関する記事があります。