東海道中膝栗毛

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動: 案内検索

東海道中膝栗毛。十返舎一九の滑稽本。1802-1804にかけて出版。

作中より[編集]

初編[編集]

  • 富貴自在冥加あれとや、営(いとなみ)たてし門の松風、琴に通ふ、春の日の麗さ、げにや大道は髪のごとしと、毛すじ程も、ゆるがぬ御代のためしには、鳥が鳴吾妻錦絵に、鎧武者の美名を残し、弓も木太刀も額にして、千早振(ちはやぶる)神の広前に、おさまれる豊津国のいさほしは、尭舜のいにしへ、延喜のむかしも、目撃(まのあたり)見る心地になん。
    発語

三編 下[編集]

  • 此はなしのうち、程なく天龍にいたる。此川は信州すわの湖水より出、東の瀬を大天龍、西を小天龍といふ、舟わたしの大河なり。弥次郎此所に待うけて、倶にこの渉しをうちこゆるとて

    水上(みなかみ)は雲より出て鱗(うろこ)ほどなみのさかまく天龍の川

    舟よりあがりて建場(たてば)の町にいたる。
  • さつさつとあゆむにつれて旅衣ふきつけられしはままつの風

四編 下[編集]

  • 旅人のいそげば汗に鳴海がたここもしぼりの名物なれば

    かくよみ興じて田ばた橋をうちわたり、かさでら観音堂にいたる。

五編 序[編集]

  • 名物をあがりなされとたび人にくちをあかするはまぐりの茶屋
    挿画中の句

五編 上[編集]

  • ふろふきの熱田の神の慈眼(みそなは)す、七里のわたし浪ゆたかにして、来往の渡船難なく、桑名につきたる悦びのあまり、めいぶつの焼蛤に酒くみかはして、
  • 旅人を茶屋の暖簾に招かせてのぼりくだりをまち屋川かな