エカチェリーナ2世

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動先: 案内検索
エカチェリーナ2世

エカチェリーナ2世エカチェリーナ2世アレクセーエヴナЕкатерина II Алексеевна [Yekaterína II Alekséyevna]、1729年 - 1796年)はロシア女帝(在位:1762年6月28日 - 1796年11月6日)。夫はピョートル3世、子にパーヴェル1世。ドイツのアンハルト=ツェルプスト家出身。結婚前の名はゾフィー・アウグスタ・フレデリーケ。治世中ロシア帝国の領土はポーランドやウクライナに拡大し、大帝(ヴェリーカヤ)の異名がある。

引用[編集]

  • 褒め称えるときは大々的に、非難するときは静かにするのが私の好みです。
    I like to praise and reward loudly, to blame quietly.
  • 恐れを抱かずに私は生きていこう。
    I will live to make myself not feared.
    • The Historians' History of the World (1904) by Henry Smith Williams, p. 423.[1]
  • 大きなが吹いている、あなたに想像力か頭痛をもたらす風が。
    A great wind is blowing, and that gives you either imagination or a headache.
  • 市民の安全を保障するために、は構成されなければならない。--『新しい法典への提案』(1768年)
    The Laws ought to be so framed, as to secure the Safety of every Citizen as much as possible.-- Proposals for a New Law Code
    • Documents of Catherine the Great: The Correspondence with Voltaire and the Instruction of 1767 in the English Text of 1768 (1931) translations by W. F. Reddaway.[1]
  • いかなる市民も他の市民を恐れることがないように、むしろ全市民が同じ法への恐れをもつように、法は構成されなければならない。--『新しい法典への提案』(1768年)
    the Laws ought to be so framed, that no one Citizen should stand in Fear of another; but that all of them should stand in Fear of the same Laws.... -- Proposals for a New Law Code
    • Documents of Catherine the Great: The Correspondence with Voltaire and the Instruction of 1767 in the English Text of 1768 (1931) translations by W. F. Reddaway.[1]


誤って帰せられるもの[編集]

  • 多く知るほどに、人は多く許す。
    The more a man knows, the more he forgives.
    • インターネット上で多くエカチェリーナ2世の言葉とされているが、書籍によって確認できない。一方でこの言葉を孔子に帰している英語書籍が存在する。


注釈[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 ウィキクォート英語版 Catherine the Great からの孫引きおよび重訳。

外部リンク[編集]

Wikipedia
ウィキペディアにもエカチェリーナ2世の記事があります。