オッカムのウィリアム

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動: 案内検索
オッカムのウィリアム、1341年。オッカムの『論理学』の写本にスケッチされたオッカムの肖像。

オッカムのウィリアム(1285年 - 1349年)はイングランド・オッカム出身のキリスト教神学者。後期スコラ学を代表する神学者・哲学者とされる。フランシスコ会会士。異端の疑いをかけられアヴィニョン教皇庁へ出頭するが逃亡、ミュンヘンで没する。

帰せられるもの[編集]

  • 必要が無いなら多くのものを定立してはならない。
Pluralitas non est ponenda sine neccesitate.
  • 少数の論理でよい場合は多数の論理をたててはいけない。
Frustra fit per plura quod potest fieri per pauciora.

外部リンク[編集]

Wikipedia
ウィキペディアオッカムのウィリアムに関する記事があります。