コンラート・フィードラー

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンラート・フィードラー(1841年 - 1895年)はドイツの美学者・芸術学者。カント哲学に立脚した美術理論を展開し、旧来の形而上学美学にかわり美的経験を重視する「芸術学」(Kussenwissenschaft)を創始した。

出典の確かなもの[編集]

  • あらゆる芸術は表象の展開である。すべての思惟が概念の展開であるように。--『芸術についての著作』第2巻。
    • Alle Kunst ist Entwicklung von Vorstellungen, wie alles Denken Entwicklung von Begriffen ist. - Konrad Fiedler, Schriften zur Kunst, Bd.2
  • 芸術はその本性に従って理念的である。さもなければそれは芸術であることをやめるだろう。--『芸術についての著作』第2巻。
    • Die Kunst ist ihrem Wesen nach ideal, sonst hört sie auf, Kunst zu sein." - Schriften zur Kunst, Bd. 2
  • 芸術は偽りの経験ではなく、むしろ経験の拡張である。--『芸術についての著作』第2巻。
    • Die Kunst ist nicht Fälschung der Erfahrung, sondern Erweiterung derselben. - Schriften zur Kunst, Bd. 2

関連項目[編集]