ボブ・ブラック

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ボブ・ブラック (1951年)

引用[編集]

  • 労働こそが、この世のほとんど全ての不幸の源泉なのである。この世の悪と呼べるものはほとんど全てが、労働、あるいは労働を前提として作られた世界に住むことから発生するのだ。苦しみを終わらせたければ、我々は労働をやめなければならない。
    Work is the source of nearly all the misery in the world. Almost any evil you'd care to name comes from working or from living in a world designed for work. In order to stop suffering, we have to stop working.
  • リベラル派は、雇用差別を終わらせるべきであると言う。私は、雇用を終わらせるべきであると言いたい。保守派は労働の権利を主張する。カール・マルクスの義理の息子で気まぐれなポール・ラファルグ<注5>に習って言えば、私は怠ける権利を主張する。左翼は完全雇用がよろしいと考える。シュールレアリストを真似て言うと、 - 私はふざけているわけではない - 私は完全失業がよろしいと考える。トロツキストは永久革命を目指して闘う。私は永久のばか騒ぎを目指して闘う。
    Liberals say we should end employment discrimination. I say we should end employment. Conservatives support right-to-work laws. Following Karl Marx's wayward son-in-law Paul Lafargue I support the right to be lazy. Leftists favor full employment. Like the surrealists—except that I'm not kidding—I favor full *un*employment. Trotskyists agitate for permanent revolution. I agitate for permanent revelry.
  • 誰も働くべきではない。万国の労働者・・・リラックスせよ!
    No one should ever work. Workers of the world... relax!