マクシム・ゴーリキー

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動: 案内検索

マクシム・ゴーリキー[編集]

Максим Горький(1868年-1936年)。ロシアの作家・社会主義レアリズムの手法の創始者。

帰されるもの[編集]

  • 仕事が楽しみならば人生は極楽だ、仕事が義務ならば人生は地獄だ。
  • 人生とはひどいものだ、本当に残酷で、いいようもなく愚かしくひどいものだ。だからといって自分からそれを放棄するほどまではひどくない。
  • 幸福は手に入っている時は常に小さく見えるが、それを失った時、いかに偉大で貴重なものかが分かる。
    Happiness always looks small while you hold it in your hands, but let it go, and you learn at once how big and precious it is.