コンテンツにスキップ

マハティール・ビン・モハマド

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
マハティール・ビン・モハマド

マハティール・ビン・モハマド(1925年〜)は、マレーシアの政治家であり、1981年から2003年、そして2018年から2020年まで同国の首相を務めた人物です。彼はマレーシアの現代化と経済発展における中心的な役割を果たし、国際的な評価も高い政治家です。

発言[編集]

  • 「ASEAN各国は、アメリカと中国の対立で、どちらかにつくことはしない。両国とも良い関係を維持したい」「アメリカは中国との対立を望んでいるかにみえるが、それが東南アジア、特に南シナ海で緊張を増すことにつながっている。われわれは日本がアメリカに近づき過ぎないように望んでいる」
    • 2023年12月15日(現地時間)、NHKのインタビューを受けました[1]

脚注[編集]