マハー・アヴァター・ババジ

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マハー・アヴァター・ババジ

マハー・アヴァター・ババジ (’’’Mahavatar Babaji’’’), 何世紀もの間ヒマラヤに存在していたと言われている神話のサードゥです。 彼は西暦203年11月30日にタミルナドゥで生まれたと言われています。 ラヒリマハサヤの先生。

引用[編集]

  • 真理はまじめな求道者のもので、物見高いやじ馬のものではない。(奇跡を)目で見せて人に信じさせるのは容易な事だ。しかしそこには、魂の探究心の芽ばえる余地はない。
  • たいていの人間は、世俗的な欲望を満たすための地上世界もまた神の国の一部であることを理解していない。神の国は地上までも延びてはいるが、地上世界はもともと幻覚であって、そこには実在の本質はないのだ。
  • クリヤ・ヨガは、神を知るための科学的技法として、ついにはあらゆる国々に広まるだろう。そして、各人が超感覚的知覚を通して無限の父に目覚めるようになり、それが国々の和合のうえに役立つだろう。
    Kriya Yoga, the scientific technique of God-realization, will ultimately spread in all lands, and aid in harmonizing the nations through man’s personal, transcendental perception of the Infinite Father.