マリー・アントワネット

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動先: 案内検索
マリー・アントワネット

マリー・アントワネット(Marie Antoinette, 1755年 - 1793年)はフランスの王妃(1774年 - 1793年)。フランス王ルイ16世の妻。オーストリアのハプスブルク家の生まれで、母はマリア・テレジア。洗礼名はマリア・アントニア・ヨゼファ・ヨハンナフランス革命で刑死した。

引用[編集]

  • ムッシュー、ごめんなさい、わざとしたのではないのよ。
    Monsieur, je vous demande excuse, je ne l'ai pas fait exprès.
    • Quoted in Louis-Marie Prudhomme: Les crimes des reines de France, depuis le commencement de la monarchie jusqu'à la mort de Marie-Antoinette, avec les pièces justificatives de son procès, Nouvelle Edition corrigée et augmentée, Au Bureau des Révolutions de Paris, 1793. p. 460)
    • 1793年10月16日、死刑台に上る際、処刑人のシャルル=アンリ・サンソンの脚を誤って踏み、口にした最後の言葉と伝えられる。


誤って帰せられるもの[編集]

  • パンがなければお菓子を食べればよいのに。
    • 彼らはブリオッシュを食べるように -- 直訳
    Qu'ils mangent de la brioche.
    • しばしばマリー・アントワネットに帰せられるが、ジャン=ジャック・ルソーの『告発』(1766年)にすでに同種の発言が「さる大公夫人」の発言として記録されている。『告白』が出版されたときマリー・アントワネットは10歳で、まだフランスには嫁いでいなかった。

外部リンク[編集]