ラーマ6世

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ラーマ6世(1880年 – 1939年)は1932年の立憲革命時のタイの君主(在位、1910年 – 1939年)。本名モンクットクラオ。タイ国外の通称はワチラーウット

ラーマ6世に関する引用[編集]

  • 命を失っても 忠誠は失うな
    "เสียชีพอย่าเสียสัตย์"
ラーマ6世による私兵団・右翼組織「スアパー」の合い言葉。この言葉は現在のルークスア(タイのボーイスカウト)の合い言葉として受け継がれている。