伊藤左千夫

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動先: 案内検索
伊藤左千夫

伊藤左千夫(いとう さちお、元治元年8月18日(1864年9 月18日) - 大正2年(1913年)7 月30日)は日本の文学者。歌人。小説家。本名 幸次郎。正岡子規に師事し、子規没後は『アララギ』(1908年創刊)を興し歌壇の後進を指導した。

情報源が明らかなもの[編集]

短歌[編集]

  • 牛飼が歌よむ時に世のなかの新しき歌大いにおこる --『左千夫歌集』
  • 人の住む国辺を出でて白波が大地両分け(ふたわけ)しはてに来にけり --『日本詩人全集 5 』
  • 九十九里の波の遠鳴り日の光り青葉の村を一人来にけり --『椎の若葉』

『野菊の墓』[編集]

  • 「民さんはそんなに野菊が好き……道理でどうやら民さんは野菊のような人だ」
  • 「それで政夫さんは野菊が好きだって……」
    「僕大好きさ」