凡河内躬恒

出典: フリー引用句集『ウィキクォート(Wikiquote)』
移動先: 案内検索
凡河内躬恒

凡河内躬恒(生没年未詳)[編集]

おおしこうちのみつね。平安時代初期の歌人、三十六歌仙の一。『古今和歌集』の選者。

引用[編集]

『古今和歌集』[編集]

  • くればかへるなり白雲の道ゆきぶりにことやつてまし
  • 月夜にはそれとも見えずの花香をたづねてぞしるべかりける
  • 春の夜の闇はあやなし梅の花色こそみえね香やはかくるる
  • わが宿の見がてらに来る人はちりなむのちぞ恋しかるべき
  • 雪とのみふるだにあるを花いかにちれとか風のふくらむ
  • 花みれば心さへにぞうつりける色にはいでじ人もこそしれ
  • しるしなき音をもなくかなの今年のみちる花ならなくに
  • けふのみと春をおもはぬ時だにも立つことやすき花のかげかは
  • ほととぎす我とはなしに卯の花のうき世の中になきわたるらむ
  • 夏と秋と行きかふ空のかよひ路はかたへすずしきや吹くらむ
    詞書「みな月のつごもりの日よめる」
    『古今和歌集』夏部の巻末歌。
  • うきことを思ひつらねて雁がねのなきこそわたれの夜な夜な
  • 秋萩のふるえにさける花みれば本の心はわすれざりけり
    詞書「昔あひしりて侍りける人の、秋の野にあひて、ものがたりしけるついでによめる」
  • 住の江の松を秋風ふくからに声うちそふる沖つ白波
  • 『古今和歌集』では作者とは明示されない。『躬恒集』『拾遺和歌集』では躬恒の作とする。
  • 心あてに折らばや折らむ初のおきまどはせる白菊の花
    『小倉百人一首』にも収録。
  • 初雁のはつかに声をききしよりなかぞらにのみ物を思ふかな
  • ひとりして物をおもへば秋の夜の稲葉のそよといふ人のなき
  • わが恋はゆくへもしらずはてもなし逢ふを限りとおもふばかりぞ
  • ながしとも思ひぞはてぬ昔より逢ふ人からの秋の夜なれば
  • わがごとく我を思はむ人もがなさてもや憂きと世をこころみむ
  • 神な月しぐれにぬるるもみぢ葉はただわび人のたもとなりけり
    詞書「母がおもひにてよめる」。喪の歌。
  • 今更になにおひいづらむ竹の子のうきふししげき世とはしらずや
    詞書「物思ひける時、いときなき子を見てよめる」

その他[編集]

  • 山たかみ雲居にみゆる桜花こころのゆきてをらぬ日ぞなき
  • 『躬恒集』。『拾遺和歌集』では素性法師の作とするが、藤原公任、藤原定家ほか多くは躬恒のものとすし、躬恒の作であることが確実視される。
Wikipedia
ウィキペディアにも凡河内躬恒の記事があります。